ここから本文です

女優の高畑淳子が、強姦致傷容疑で逮捕された息子で俳優の高畑裕太容疑者が面会の際に「申し訳ない」と泣きながら繰り返していたことを明かした。

サムネイル

Actress Atsuko Takahata, mother of actor Yuta Takahata, speaks during a press conference on August 26, 2016, Tokyo. 61 year old single mother Takahata apologized in public after her 22 year old son was arrested on charges of sexually assaulting and injuring a staff member of a business hotel in Maebashi on Tuesday. (Photo by Rodrigo Reyes Marin/AFLO)
写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

高畑淳子、涙の謝罪会見ノーカット映像>>

息子の事件を受けて、高畑は8月26日に都内で会見を開いた。高畑は前日に面会を行った際、事件についての会話は禁止されているため、15分間のうち10分間ほどを使って、裕太容疑者の事件によって多くの仕事関係者が迷惑をこうむっていることを本人に伝えたと報告する。裕太容疑者は泣いて謝罪を繰り返すばかりだったと明かした。

面会の際、裕太容疑者は「何度も泣いたのか、目が腫れ上がって、とにかく震えて泣いているばかりだった」という。会話の内容はほとんど覚えていないそうだが、高畑は「大変なことをしてしまったね。一生をかけて謝らないといけないよ。でも私はどんなことがあってもお母さんだから。姉はどんなことがあってもお姉ちゃんだよ」ということを伝えたと明かし、「申し訳ない、こんなことを言って」と泣きながらわびた。

リポーターの「(裕太容疑者は)何に対して謝っているように受け取られましたか?」という質問に対して、高畑は「ご迷惑をおかけしたこと。被害者とされる女性のお気持ち、仕事関係のこと、そして私や姉のことも言っていました。ここまで力を貸して働く場所を与えてくださった所属事務所の社長さんに対して、すべてのことを無くしてしまうということに対して、申し訳ないということだと私には見えました」と答えた。

裕太容疑者を起用していた多くの番組、映画、ドラマが打撃を受けている件については、「許されることではないと思っています」と語る。とくに同容疑者がパーソナリティーなどを務める予定だった日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」(8月27日~28日放送)に対しては、「本当におわびの言葉も見つかりませんし、現場での皆さまのことを考えると、想像できないほどの大変なことを皆さまがなさっているわけですから、何をしたらいいのかも想像がつかないです」と涙混じりに謝罪した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ