ここから本文です

日本中の多くのリスナーが待っていた。決して大げさな表現ではなく、そう言い切っていいだろう。2010年から続いていた人間活動期間を経て、ついに宇多田ヒカルが8年半振り、6枚目となるオリジナルニューアルバム『Fantome』(ファントーム)を9月28日にリリースする。"幻"、"気配"などを意味するフランス語をタイトルに冠したこのアルバムは、彼女が2013年に逝去した自身の母へと捧(ささ)げた一枚である。新章へと踏み出す第一歩に込められた、彼女のさまざまな想いを聞いた。

サムネイル

宇多田ヒカル、9月28日 オリジナルニューアルバム『Fantome』(ファントーム)をリリース


アーティスト活動再始動後初! 本人出演による『花束を君に』MUSIC VIDEO>>


■「母を気配で感じるのなら、それでいい」

――およそ6年振りの活動再開です。

宇多田:休止を発表した時、いろんなところで『なんで?』と聞かれて、どう説明をしたらいいかよく分からなかったんですけど。要は惰力じゃないけれど、物事って動いていると止めにくいし、止まっていると動かしにくくなるじゃないですか。何だかすごい勢いで周りに後押しされてポンってデビューしちゃって、そこから宇多田ヒカルがぶわーっと大きくなってしまい。大きくなればなるほど、大きなトラックみたいにどんどん舵取り(かじとり)が出来なくなって、自分で方向を選べなくなっていたんです。それで『これはヤバイな』と思って休止を決めました。

――そして約8年半振りのニューアルバムです。なぜ『Fantome』というタイトルに?

宇多田:今回のアルバムは亡くなった母に捧(ささ)げたいと思っていたので、輪廻(りんね)という視点から"気配"という言葉に向かいました。一時期は、何を目にしても母が見えてしまい、息子の笑顔を見ても悲しくなる時がありました。でもこのアルバムを作る過程で、ぐちゃぐちゃだった気持ちがだんだんと整理されていって。「母の存在を気配として感じるのであれば、それでいいんだ。私という存在は母から始まったんだから」と。そうしてタイトルを考えていくうちに、今までのように英語というのはイヤで、かといって日本語で浮かぶ言葉はあまりに重過ぎて、「フランス語が合うね」という話になって。そこからいろいろと模索した末に、"幻"や"気配"を意味する"Fantome"という言葉に突き当たり「これだ!」と思いました。

――今年の4月に配信限定でリリースされた「花束を君に」、「真夏の通り雨」(※『Fantome』に収録)に寄せられたリスナーからのリアクションが、アルバムの仕上がりに大きく作用したと聞いています。

宇多田:あの2曲を聴いて、「もしかしてお母さんのこと?」と気付いたリスナーの方がたくさんいて。しかも同情とかではなく、その前提を踏まえた上で、共感というか感情移入をしてくれたみたいで。これまでは自分の曲に対して、そこまで自分の予想外の反応が上がったこともなかったし、それが良い評価でも悪い評価でも、それが次の作品に響くというようなこともほとんどなかったんですよ。でも、この2曲への反応は、私にとってすごくポジティヴに感じられるもので、今までになくこのアルバムに影響を及ぼしましたね。レコーディングの後半で、残りの歌詞を書くための勇気をもらいました。(この2曲と「桜流し」を除く)アルバムのほとんどの歌詞は、そこからの約3カ月で一気に書き上げました。これまでで最短記録です。まあ「花束を君に」、「真夏の通り雨」は題材がデリケートだった分だけかなり時間もかかったし、ここまでが8年半とか長かったんですけど(笑)。そして、みんなが「お母さんのこと」だと分かっているからこそ、絶対に母の顔に泥を塗らないアルバムにしなければという責任も強く感じていました。

――「花束を君に」はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌のために書き下ろされた曲でしたね。

宇多田:国民的な番組なので、いつにも増して意識的に間口を広げて作詞をしました。オフコースとかチューリップ、それとエルトン・ジョンの『Tiny Dancer』(※『可愛いダンサー~マキシンに捧ぐ』。1971年)をイメージして、軽やかな感じの"開いた"曲を目指しました。いろいろなリスナーの、いろいろな状況に当てはまってくれたらいいなあと。

――一方、『真夏の通り雨』は、文学性の強い歌詞です。そして日本語の美しさにハッとさせられます。

宇多田:この曲は、書き始める前から日本語だけを使った歌詞にしようと決めていました。日本語で歌う意義と、日本語で歌う"唄"を追求したかった。英語が入る余地もない曲だと思ったし、今の自分の感覚だと、英語を使うことが"逃げ"に感じられて。ロマンを感じたり酔いしれたりできる英語ではなくて、自然と染み入る日本語であって、尚も美しいと思えるものにしたかったんです。

――アルバム全体の歌詞も、わずかな英語と仏語を除き、ほぼ日本語で書かれています。

宇多田:制作の始めの段階から、今回のアルバムは"日本語のポップス"で勝負したいと意識していました。これまでの歌詞における英語のフレーズは、伝えたいことを直接的に歌いたくない時の照れやお色付けに用いていたんです。でも今回は本当に必要な言葉だけを日本語で並べて、自分のなかで美しいと感じられる歌詞だけを歌いたいと思いました。

――フランス在住のジュリアン・ミニョー氏が撮影した、モノクロのポートレイトによるジャケット写真の美しさも印象的ですね。

宇多田:ありがとうございます。彼とはもともと知り合いだったんです。出会った頃はまだ駆け出しだったのに、久しぶりに彼のホームページを見たら売れっ子になっていて、写真も良くなっていて(笑)。これまでのジャケットはずっとディレクターさんからカメラマンの候補を挙げてもらっていたんですが、今回は初めて自分から「この人いいと思うんだけど、どう?」と提案して。自分で連絡を取り、スケジュール調整や撮影場所のやりとりなんかも二人で直接話して決めて、パリで撮影しました。初めて、肩書や仕事抜きで、ただの女の子として出会った人にジャケットを撮ってもらえました。とても自然な、縁があったという人間的な流れで、自由を感じられる撮影でした。それもまたアルバムへの自信につながりました。

■「自分に課していたセンサーシップが取り払われた」

――アルバムは「道」というダンサブルなナンバーで幕を開けます。お母さんのこと、再婚、出産といった活動休止中の出来事を経た宇多田さんが、まさにいま抱いている率直な想いが凝縮された、宣誓のような歌詞ですね。

宇多田:そう。「私は元気です。行きますよー!!」って感じで(笑)。この曲の作詞の過程でアルバムの主題を自分なりに捉えることができて、言いたかったことが言えてスッキリとしました。

――約8年半振りということもあり、これまでのアルバムと比べて、声も歌詞もグッと強く、優しく、そして大人になったという印象を受けました。

宇多田:この「道」以外はアレンジも極力少なめのトラックにして、声と言葉がはっきりと聴こえるように心がけました。「言葉が聴き取れないと意味がない」くらいの気持ちだったので、歌い方も前より丁寧になったと思います。

――そう思います。2曲目の「俺の彼女」という曲はこれまでになくアダルトですね。

宇多田:これは活動休止前から温めていた曲でした。デモの段階では冗談半分の歌詞だったんだけど"俺の彼女"の部分はキープしたいなと思って(笑)。デビューした年齢が若かったせいもあって、活動休止前までは性に直接触れるのってタブーな気がしていました。エロスを匂わせることはあっても、ダイレクトな表現は避けてきた。でも今回からはPG13からR指定になったというか(笑)、これまで自分に課していたいろいろなセンサーシップ(=検閲)が取り払われて、羽ばたくぐらい自由に言葉を選べました。"抱き合う"なんて言葉も自然に使えるようになったし、"死"と"生"に向き合うことで、エロスとは違う、"生"の然るべき一部である"性"に初めて触れることができました。

――この曲の歌詞ではアルバムタイトル同様にフランス語が使われています。

宇多田:何の前触れも計算もなくフランス語が出て自分でも少し驚きました。クールで尚かつ"艶っぽい"響きが欲しかったのかも。英語よりフランス語のほうが、発声方法からして色っぽいから。そう、ちょうどこの曲の歌詞を書き上げた直後からアルバムタイトルを考え始めました。

――ではもういくつかの曲についても聞かせてください。「人魚」は、これまでの宇多田さんの曲の中でも珍しい類の、素朴な響きを持ったアコースティックなナンバーですね。

宇多田:母が亡くなった後、「もう音楽を作れないかもしれない」と思っていた頃に、ギターを弾いていたらふとできてしまった曲でした。これも「美しい日本語の曲を作ろう」という高い理想を持って臨んだおかげで、作詞にすごく苦労しました。一年ほど悩んで、理想に届かないとあきらめかけていた時、急にぶわっと言葉が溢(あふ)れてきました。達成感も強くて、いま最も誇らしく思っている曲です。実は「花束を君に」のPV(※切り絵作家の辻恵子さんの作品で制作された)で、人の姿をして町で暮らしていた女性が、突然海へ向かい、そこへ飛び込むと本来の人魚の姿に戻るというシーンがあるんですけど、その絵コンテを見せていただいた時、まるで演出家さんが私を慰めてくれているようで、見透かされ、温かく支えられているような感覚を覚えて、何より「花束を君に」を受け入れてもらえたと思えて、涙が止まりませんでした。そこから人魚のモチーフを引き継いでできた曲です。

――「荒野の狼」では、聴こえてくる吐息に耳を奪われます。

宇多田:アルバム制作の終盤に、もうネタが尽きてどうしようって時に勢いでパッとできました(笑)。知人とお茶をしていて、互いにヘルマン・ヘッセが好きだという話から「荒野のおおかみ」という小説を思い出して、そこから歌詞につながっていきました。メインの歌入れが全て終わった後に取り掛かって、この吐息でアルバム全体のレコーディングを締め括りました(笑)。「花束を君に」の冒頭でも、何か足したくて吐息を入れました。"息"を使った表現は、実はこのアルバムのちょっとした裏テーマでした。

■ 「こんなに「聴いてほしい!」と思うのも初めてかもしれない」

――アルバムは「桜流し」(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマソング)で幕を閉じます。

宇多田:この曲は最後にしか置きようがなかった。アルバムの曲順も、これまでは製作チームに打診されたものをみんなで議論しながら固めていくという感じでしたが、今回は初めて自分で曲順を考えました。そういう点でも、いろいろな意味で、私自身、自分のプロジェクトのリーダーという立場に進んで納まったと言える制作となりました。母を亡くしたことや自らが母親になったことで、急激に大人にならざるを得なかった。でも自分が進むべき道は誰にも教えてもらえないけれど、自分を遮るものは何もないんだという意識で、必死に前へ前へと進んだ経験から、今までにない自信を得ることができました。

――表現が直接的な歌詞もそうではない歌詞も含めて、"お母さん"という出発点とモチーフが通底している。それでいて、極めて私的な全ての曲が多くの人と共有可能な高いクオリティのポップソングへと結実しています。その手腕にただただ感心させられました。

宇多田:でも"お母さん"って最もポップな題材じゃないですか。多分ほとんどの人にとっても、母親か、もしくはそれに当たる存在がいるわけで、そこから自分の核なる部分や、自分だけの世界を形成していく。それってめちゃくちゃポップだと思うんですよ。

――たしかにそう言われると目の前が開ける思いです。

宇多田:だから「花束を君に」を好意的に受け入れてもらえたんじゃないかという気もするし。だからいまはリスナーさんに対して、これまでで一番強く信頼を感じています。

――では最後に。宇多田さんにとって、『Fantome』とは、どんな存在のアルバムになりましたか?

宇多田:"受け入れて、受け入れられる"アルバムでした。セルフセラピーじゃないですけど、自分自身「道」を繰り返し聴いているうちに「悲しくない。もう大丈夫だ」と思えてきました。こんなに「聴いてほしい!」と思うのも初めてかもしれないってくらい(笑)、すごく聴いてほしいアルバムになりました。何かしらの想いが届いて、皆さんに受け入れてもらえたらうれしいです。音楽は今後も続けていくつもりですが、こんなアルバムはもう二度と作れないだろうなと思っています。

(取材・文/内田正樹)

サムネイル
宇多田ヒカル、9月28日 オリジナルニューアルバム『Fantome』(ファントーム)をリリース


(プロフィール)
1983年米ニューヨーク生まれ。1998年12月のデビューシングル「Automatic/time will tell」からミリオンヒットを記録。翌年3月に発表した1stアルバム「First Love」は765万枚を売り上げ、日本国内のアルバムセールス歴代1位を獲得。その後リリースしたアルバムのほとんどがミリオンヒットを記録した。2010年から人間活動に突入していたが、今年4月、「花束を君に」、「真夏の通り雨」の配信限定リリースから本格的に活動を再開させた。9月28日、通算6枚目となるオリジナルアルバム『Fantome』をリリースする。

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ