ここから本文です

フリーアナウンサーの小林麻耶が、「ここ2年くらいは麻央ちゃんのために生きていたから、私のために生きようと思う」と語っていたことがわかった。小林の後輩にあたる林みなほアナウンサーが、小林とLINEでやりとりした内容を明かした。

サムネイル

小林麻耶/Maya Kobayashi, Jan 27, 2016 : デビューシングル「ブリカマぶるーす」の発売記念イベントを開催した小林麻耶さん=2016年1月27日撮影
写真:MANTAN/アフロ

小林麻耶アナ、花嫁姿で幸せキス顔披露>>

体調不良により休業中の小林は9月1日、3カ月ぶりにブログを更新。「今はまだ仕事ができる状態ではないのですが、また笑顔で働ける日が来るように、その第一歩としてブログを再開させていただきたいと思います」とファンに伝えた。

翌2日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」では、元TBSアナウンサーである小林の後輩にあたる林みなほアナが、「病気と闘っているのは家族も一緒なんだとすごく感じた」として、前日に小林とLINEで1時間ほどやりとりしたときの内容を明かした。

林アナは、小林は乳がん闘病中の妹・麻央への愛情からカメラの前で笑顔をずっと見せ続けてきたが、そのように長い間自分の感情を殺してきたことで心身ともに不調が出てしまったと語る。だがLINEのやりとりの中で、小林は「ここ2年くらいは麻央ちゃんのために生きていたから、私のために生きようと思う。麻央ちゃんもブログを更新したし、そろそろ私も自分を大切にしようと思う」と話していたという。林アナは、小林のブログ更新はそのやりとりの後でのタイミングだったと明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ