ここから本文です

お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が、肺炎で入院していた志村けんからメールでダメ出しを受けていたことを明かした。

サムネイル

近藤春菜/Haruna Kondo(ハリセンボン/Harisenbon), Apr 19, 2016 : 映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」の宣伝隊長就任イベント
写真:MANTAN/アフロ

大麻や覚醒剤の使用で逮捕されない国とは>>

志村は8月19日、主演舞台の終演後に体調不良を訴えて、肺炎で約2週間入院した。舞台の残り公演は中止となったが、すでに退院しており、仕事にも復帰している。9月15日は都内のイベントに出席して、退院後初めて公の場に姿を見せた。

近藤は翌16日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」で、同局系「天才!志村どうぶつ園」で共演する志村について、「志村さんの『だいじょうぶだぁー』が聞けて本当に安心しました」とコメントした。

実は近藤は入院中の志村からメールを受け取っていたそう。「療養されているときも『スッキリ!!』を見てくださって、メールをくださったり。それで『お元気だ、よかった』と思っていた」と語り、さらに「ワイプの顔が怖いぞ」とダメ出しまでされていたことを明かす。近藤は「お客さんも待っていますから、また大暴れしてほしいですね」と明るく話した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ