ここから本文です

乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が、夫である歌舞伎俳優・市川海老蔵にも相談できなかったほど、母乳を通じて子供に悪影響を与えたのではないかと恐怖していたことを告白した。

サムネイル

小林麻央/Mao Kobayashi, Oct 16, 2014 : 日本マイクロソフトのイベントに出演した小林麻央さん=2014年10月16日撮影
写真:MANTAN/アフロ

海老蔵が公開。姉思いの勸玄くん動画>>

小林は9月16日にブログで、「乳癌のおっぱいを子供にあげ続けていたことの恐怖と罪悪感は、かなり大きなものだった」と振り返る。母乳を通じて子供に何か悪影響を与えていたのではないかと不安でたまらず、「授乳 乳癌 赤ちゃん 影響」とインターネットでひたすら検索したそう。

勇気が出ずに医師にも質問できず、また「問題ない」という意見も多く目にしたが、「本当に本当にそうだろうか、、、もし、私のおっぱいをずっと飲んでいたことで子供が将来癌になったらどうしよう、、、私のせいだ、怖くて、申し訳なくて、主人にも言えなかった」と自身を責め続けたことを告白した。

しかし、同じ不安を抱える母親からコメントを受けたことにより、医師にあらためて質問してみたところ、答えは「全く問題ないです!それは、証明されていますので、心配いらないですよ」というもので、小林は「本当によかった」と安堵(あんど)している。

この告白を受けて、海老蔵も同日にブログを更新。「麗禾も勸玄もなんの心配もなくスクスクだよ。それが何よりもの証拠だよ。大丈夫だよ。私は全く心配してませんでした」と妻に向けてつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ