ここから本文です

タレントの小堺一機が、前身番組も合わせて約31年間司会を務めたフジテレビ系「ライオンのごきげんよう」の通算ギャラについて「20億円くらいもらっていると思います」と告白した。

サムネイル

栗山千明/Chiaki Kuriyama, 竹中直人/Naoto Takenaka and 小堺一機/Kazuki Kosakai, Nov 11, 2015 : WOWOWの「特集 : ジェームズ・ボンドに愛をこめて」に出演する(左から)栗山千明さん、竹中直人さん、小堺一機さん=2015年11月11日撮影
写真:MANTAN/アフロ

小堺一機の自宅がかなりスゴイらしい>>

「ライオンのごきげんよう」は今年3月末、前身番組「ライオンのいただきます」から続く約31年間の歴史に幕を下ろした。小堺は9月19日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」で、「『ごきげんよう』でいくら儲(もう)かった?」という質問に対して、「おうちを建てられたり、子供3人を安心して学校に行かせられたり、好きなもの買い物できたりしていますから」とかなりの額を受け取ったことを匂わせた。

司会のお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也の「どれぐらいか、われわれ想像つかない」という言葉に、小堺は「みんなも結構もらっているでしょ? ずるいんだよ! 最近の芸人、自分も儲(もう)かってるくせに、そういうときだけ自分は庶民の方に下りてくるんだから」とツッコみつつ、所属事務所から初めてもらったギャラは月15万円だったと明かす。「『いただきます』が始まってしばらくして、(明石家)さんまさんたちと飲みに行ってギャラの話になったら、さんまさんに『そらうそや、おまえ! 言った方がええで!』って言われて、(事務所に)『ちょっと上げてもらえますか?』って言ったらバンッって上がりました」と振り返った。

小堺は、ギャラは5年か10年単位で上がっていったとして、「下がったことはないです」とキッパリ。そして「ライオンのごきげんよう」の通算ギャラを「何十億じゃないですか? 通年で20億円くらいもらっていると思います」と明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ