ここから本文です

乳がん闘病中の小林麻央が、3人目出産に憧れる気持ちを病気によって「高望みだと一気にかき消した」ことを告白した。

サムネイル

小林麻央/Mao Kobayashi, Oct 16, 2014 : 日本マイクロソフトのイベントで約3年半ぶりに出演した小林麻央さん=2014年10月16日撮影
写真:MANTAN/アフロ

麻央は「乳がん」海老蔵会見ノーカット>>

小林は新たに開設したブログで、がん発覚からの日々を振り返っている。9月21日には、「乳癌のタイプや状況によって、治療法や順番も違うと思います」と念押ししつつ、「抗がん剤治療で排卵機能が停止すること、20代、30代であれば、機能は戻る可能性が充分あるが、希望があれば卵子を凍結しておくこともできること、けれど、その時、排卵誘発剤を使用するので、乳癌を促進してしまう可能性もあること」など医師から妊娠・出産について説明を受けたときのことをつづった。

その際「子供は2人いますので、3人目は考えていません」と答えた小林だったが、本心は別にあったらしい。「私は、ふたり姉妹で育ってきたので、麗禾に妹ができたらな、とか勸玄にも分かり合える弟ができたらな、と思ってきた気持ちは、高望みだと一気にかき消した」と告白した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ