ここから本文です

AKB48・田野優花が、選抜メンバーの人選に疑問を投げかけた。「私の中で疑問な人」が何人も選ばれていると率直に語っている。

サムネイル

田野優花/Yuuka Tano(AKB48), Feb 09, 2015 : 主演ミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」の会見に登場した「AKB48」の田野優花さん=2015年2月9日撮影
写真:MANTAN/アフロ

AKB48 41thシングル 選抜総選挙ダイジェスト映像>>

田野は9月22日、AKB48・宮崎美穂がMCを務めるネット配信番組「みゃおの部屋」にゲスト出演した。「選抜メンバーの改革をしてほしい」というファンのコメントが取り上げられた際、田野は「それは思いますよ。固定せざるをえない人がいそうじゃないですか?」と本音を明かした。

「炎上しそう」と不安をのぞかせながら、田野は「誰とは言いませんけど、この子を入れなきゃダメみたいな、『何か理由があって入れているんですか、それは?』っていう人がいっぱいいるんですよ。私の中で疑問な人が」と指摘する。さらに「そういう人を1回外して本当に必要な人を入れてみて、どう変化が起こるかっていうのを私は期待しているんですけど、運営は多分それをする勇気もないと思います」と語った。

また宮崎は、昨年10月にリリースされたNMB48のシングル「Must be now」では、ダンスが得意なメンバーたちが選抜されたことに触れて、「"ダンス選抜"っていって、人気とか知名度とか関係なく本当にダンス上手い子でやったじゃん。ああいうのいいと思う」と語った。

選抜メンバーの人選については、選抜総選挙の直後のシングルでは獲得順位に従って序列が決まるものの、その他のシングルでは上位メンバーが選抜から外されるという例が見られ、かねてファンからも疑問視する声が上がっている。今年10位にランクインし2年連続で選抜入りを果たしたAKB48・武藤十夢は、11月16日発売の次回シングルでは選抜から外れることがわかった翌日、「今日からまた気持ちを切り替えて、、というのは難しいけど今日も頑張ります」と意味深長にツイートしていた。

もちろん運営の描くプランがいろいろあるのだろうが、「上位獲得のメリットが感じられなくなれば、いずれは総選挙というイベント自体の衰退に繋がるのではないか」と心配するファンも一部いる。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ