ここから本文です

演歌歌手の氷川きよしが、2年前にのどのポリープ手術を受けていたことを初告白した。

サムネイル

氷川きよし/Kiyoshi Hikawa, Oct 22, 2015 : 「第15回 虹の架け橋まごころ募金コンサート」の会見=2015年10月22日撮影
写真:MANTAN/アフロ

氷川きよし、初の"女歌"に挑んだ「みれん心」無料配信>>

氷川は9月26日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」にゲスト出演した。番組では今年2月にリリースした楽曲「みれん心」を歌唱し、黒柳徹子も「きよしー!」とノリノリだった。

さらに氷川は、2年前にのどのポリープ手術を受けたことを初めて明かした。「おかげさまでデビューしてすぐ曲がヒットして、デビュー2年目のときにコンサートツアーが始まって、それ以前はレッスンしてアルバイトしてたんで、(のどの)使い方がわからなかったんです」として、実は10年間ほどポリープができたまま活動してしまっていたことを告白した。

しかし医師からさすがに手術を勧められて、2年前に手術を受けることに。氷川は「スタッフの方も不安で、『もし手術をしてまったく声がでなくなったら......』っていうのもありましたし。でも信頼している先生だったんでキレイに戻りました」と語った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ