ここから本文です

「第7回じゃんけん大会」で優勝しセンターの座を勝ち取ったAKB48・田名部生来が、喜ぶとともに「オンリーワンというとっても素敵な言葉で自分を慰めてきました」と10年間の活動を振り返った。

サムネイル

田名部生来/Miku Tanabe(AKB48), Jul 12, 2015 : ウェブラジオ「ロボガラジオ 聞かなきゃ全員フルボッコだZ!プラス」の公開録音イベントの合間の会見に出席した「AKB48」の田名部生来さん=2015年7月12日撮影
写真:MANTAN/アフロ


田名部は2006年に3期生としてAKB48に加入。『銀河鉄道999』や『宇宙戦艦ヤマト』などで知られる漫画家・松本零士の大ファンで特撮好きでもあるという"ガチ"なオタクキャラ、さらに酒好き、相撲好きという独自路線でポジションを確立している。10月10日に兵庫・神戸ワールド記念ホールで開催されたAKB48グループの「第7回じゃんけん大会」では、頭にネクタイを巻いた酔っ払いのサラリーマンのコスプレで登場。見事優勝を果たし、上位7人のメンバーによる新ユニットでのセンターの座を勝ち取った。

田名部は同日夜、ブログを更新。「だれが想像した?だれが期待した?だれよりも1番私がびっくりだよ」と大会の結果に驚きを示した。そして「ずっと言えなかったのですが。私は、1番がだいすきです」「元々もってた自我をいつのまにか秘めつつ。オンリーワンというとっても素敵な言葉で自分を慰めてきました」と告白する。グループでも随一の"オンリーワン"のキャラクターでありながらナンバーワンに憧れを抱いていたと明かし、「苦節23年、基本後列はじっこが落ち着くようになった私が今日センターというポジションを自分の拳で勝ち取って。うれしさで破裂しそうです」と喜びを示した。

田名部はブログの最後に自身を撮った動画をアップしており、その中で「忙しくなるといいな。皆さん、乾杯!」とビール片手に笑顔。ビールをグッと飲み、「おいしい、生き返る!」とコメントした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ