ここから本文です

シンガーソングライター大森靖子が、シングルを三作連続リリースするプロジェクト【ワンダーロマンス三連福】の第二弾となる『POSITIVE STRESS』を10月26日にリリースする。表題曲は、彼女が「大ファン」だと公言する小室哲哉とのコラボ。ポジティブ全開のTKワールドと、真っ向から対峙(たいじ)する大森の、ネガポジ反転ばかりする歌詞世界、そして、圧倒的な情報量で聞き手を圧倒する大久保薫のアレンジが、激しく絡み合う問題作だ。また、カップリング曲「非国民的ヒーロー」では、神聖かまってちゃんのヴォーカル、の子をゲストに迎え、息の合ったデュエットを聞かせている。

サムネイル

『POSITIVE STRESS』10月26日にリリースする大森靖子


"やばい噂も 消せない歴史も 刻んだ身体で立ってる"と歌う大森。その姿には、SNS以降の息苦しい世界を生きる、私たちの指針となるべき使命感すら覚える。インタビューの途中、「私は、メーテルになりたいのかもしれない」と突然口走る大森。その意味とは......?


作曲:小室哲哉、作詞:大森靖子「POSITIVE STRESS」無料配信中>>


前回リリース「ピンクメトセラ」「勹″ッと<るSUMMER」ほか、ヒット曲を配信中>>

■ ポジティブな気持ちが受け入れられない時ってありますよね。

ーー1曲目「POSITIVE STRESS」は、小室哲哉さんが作曲で驚きました。何かリクエストはしましたか?

大森:特に何もしていないです。やっぱり、小室さんに頼む人って「売れる曲をお願いします」っていう人が多いみたいで、そういうことも言いたくなくて。「私に歌わせるならどうするか、自由にやってくださったらうれしいです」というのを伝えました。そしたら、「globeが今あまり活動できていなくて、もし活動していたらどんなサウンドを鳴らすだろうか、というのをちょっと念頭に入れて作ってみた」とおっしゃってくださいました。あと、「ドラムはピエール(中野)くんがたたくといいよ」って言ってくださって、なのでデモの段階からすんごいドラムパターンが打ち込まれていました。「こんなのたたけるのか......?」っていうような(笑)。

サムネイル
作曲:小室哲哉、作詞:大森靖子「POSITIVE STRESS」


ーー小室さんの大ファンだそうですが、特に好きなのは?

大森:女性プロデュースもの、特に鈴木亜美ちゃんが好きですね。特にサビで転調にいくところ。Aメロの乗りのまま、転調でサビにしているからわざとらしい盛り上がりがないというか、パッと抜ける感じが好きなんです。あと、ちょっと歌うには苦しいくらい高いキーにするので、すんごくセクシーなんですよね(笑)。で、鈴木亜美ちゃんは、歌があまり得意じゃなかったのとキーが低いのとで、Aメロの段階からエロいんですよ。そこがたまらなかったんです。

ーーそれって、女性のセクシーさを出すための、小室さんの戦略でしょうかね?

大森:どうなんでしょう。きっと無意識だったと思うんですけど、お会いした時に聞いてみたら「うん、狙ったのかもしれない」っておっしゃってはいました(笑)。

ーーこの曲のききどころは?

大森:もう、この曲が好きすぎて、アレンジャーの大久保薫さんと二人でTKオマージュを入れまくったところですね。ちょっとやり過ぎで、情報量のハンパなさが心配ではあるんですが(笑)。TKファンがどう思うのか、楽しみだし心配でもあります。でも、私たちとしては「できたー!」っていう感じです。

ーー歌詞にはどんなこだわりがありますか?

大森:3曲分くらいの歌詞を一気にバーッと書いたんですけど、メロディのパワーが強すぎて、生半可な言葉だと撥(は)ね付けられてしまうんです。「その言葉は要らない!」ってメロディに言われている感じがして。なので、「これはどうだ!」「これはどうだ!」っていう風に、ひたすら書き続けました。ポジティブな言葉でないとハマらないんですよ。もう、ポジティブにならなきゃならないストレスがすごかったので、曲名も「POSITIVE STRESS」になった(笑)。
世の中でもそういうところってあるじゃないですか。前向きさの押し売りというか......。でも、そういうポジティブな気持ちが受け入れられない時ってありますよね。「こんな元気な曲、今はとても聴ける気分じゃないよ」っていうときに聞くことができて、それでプラスの気持ちに導けるような、そんな曲になったらいいなと思いました。

■ 「私はメーテルになりたくて、この曲を書いたんです」って、これからは言おう。

サムネイル
作曲:小室哲哉、作詞:大森靖子「POSITIVE STRESS」


ーー冒頭から「カリスマ 全滅」とか、強烈なワードが飛び込んできます。

大森:弾き語りをしているときに思ったのが、「1曲全体を通して言いたいことを伝える」みたいなスピード感では、全然間に合わないんです。1行ごとに、「え?え?」って思わせていかないと、みんな付いてきてくれない。なんなら、最初と最後で、言ってることが全く違っててもOKだと思うし。1日の最初に思ってたこととか、夜になると全く違う風に感じてたりとか、初対面では嫌いだった人が、数時間後には好きになっちゃったりとか、余裕であるじゃないですか。1曲の中で、そのくらいの変化があってもいいのかなって。そういう矛盾を抱えている作品の方が好きですね。

ーー"ネギtoネジ"っていう歌詞も面白いですよね。

大森:このネジっていうのは、『銀河鉄道999』からです。星野鉄郎は「機械の星」でネジにされそうになりますよね。それを止めようとしているメーテルがいて......。もともと素晴らしい才能があったのに、機械の星の一部であるネジにされちゃうなんて、っていう。なんか、私はメーテルみたいな気持ちなのかもしれない。うふふふ! ファンに対して、「(メーテルのまねして)鉄郎......!」みたいな。いや、思いついただけです。

ーー(笑)。そういえば今日の格好はメーテルみたいですね。

大森:あはははは! そうか、私はメーテルになりたいのかもしれない......。「私はメーテルになりたくて、この曲を書いたんです」って、これからは言おう。こうやって、インタビューによって曲のエピソードは作られていくんです、いつもいつも。なので、一緒に作っていきましょう。

ーー恐縮です(笑)。でも、資料には「今、大森靖子は、ボロボロなみんなの夢なんです。私だけのものじゃなくて」って書いてあったりして。メーテル的な使命感はもともと芽生えていたのでは。

大森:そうですね、最近はそんな感じです。「マジックミラー」で初めてそれを提示してみたんですけど、自分で思っていることをちゃんと曲で説明するっていうのが、それまでは嫌だったんですが、ちゃんとやらないと伝わらないんだなっていうことに気づいたんです。

ーー"やばい噂も 消せない歴史も 刻んだ身体で立ってる"という歌詞も、SNS以降の社会を生きる人は、みな感じる感覚ですよね。

大森:そうですよね。でも別に、だからって怖がっててももう仕方ないと思うんですよ。昔の炎上なんてみんなすぐ忘れるし、別に過去を検索されたからってどうでもいいっていうか。それも全部、体に刻んで生きていけばいいって私は思っています。
私、ツイッターのメッセージはオープンにしていて、フォローすればメッセージを送れるようになっているんですけど、すんごい長文の悩み相談とか送られてくるんです。「援交しちゃった」とか、「親が借金してる」とかヘヴィなものもあれば、「誰々ちゃんが体育祭に参加しなくてムカつく」みたいなライトなものもある(笑)。でも、言っちゃえばそんなこと、全部どうだっていいじゃないですか。別に死ぬわけでもないし、どうとでもなるよ? っていうのは、これからも訴えていきたいですね。

■ 「きっといつか良くなる」じゃ希望を見いだせない。うそでもいいから「絶対」って言われたい。

サムネイル
『POSITIVE STRESS』10月26日にリリースする大森靖子


ーーこの曲のミュージックビデオはどんな感じ?

大森:富士山の五合目で撮った、この世の果てのような高原での映像と、渋谷駅ハチ公前交差点で自撮りした映像をミックスしています。

ーー両極端なものを並べた時に起こる化学反応やエネルギーが、大森さんの作品世界の特徴ですよね。

大森:そう思います。好きですね。同じトーンじゃ面白くない。昨日、山下達郎さんの新宿ロフトでのライブに行ったんですけど、達郎さんの艶やかな声とギルドのアコギのギザギザした音の、コントラストが絶妙だったんです。私、自分のちょっと荒れた歌声はギルドの音が合うかと思ったのですが、試しに弾いてみると、似たような音色がぶつかり合って、両方の良さが薄れてしまったんです。もちろん達郎さんは、そこまで計算してギルドを使っているんだろうなあ、と。別々のモノがくっついた時に、大きな力を出すっていうのがすごく好きなんですよね。アイドルでも、似てないメンバーが足りないところを補い合ったりしているグループが好きだし。

ーー2曲目「非国民的ヒーロー」は、神聖かまってちゃんのの子さんが作曲とコーラスで参加しています。

大森靖子との子(神聖かまってちゃん)「非国民的ヒーロー」無料配信中>>


大森:よくツーマンライブやイベントで一緒になることがあって、昔から仲が良かったんですけど、一度コラボで一緒に歌った時に、声の重なり方がすごく好きで。これはいつか絶対にレコーディングしたいと思っていたんです。それで、「一緒に曲作ろう?」って頼んだら、「俺そういうのあまりやったことないからメチャ楽しみ!」って言ってくれて。正式にオファーした翌日には「もうできたよ」って曲を送ってくれました。私宛てに、「非国民的アイドル」というタイトルが付いていたので、「非国民的ヒーロー」っていうタイトルで歌詞を書くことにしました。の子くんが夜中に一人、ずっとネットゲームをやっている姿を思い浮かべながら(笑)。

ーー大森さんは、国民的ヒーローと非国民的ヒーロー、どちらになりたいですか?

大森:どちらもなりたくないですね......神になりたいです、私。神かメーテル(笑)。

ーー弾き語りの曲「朝+」にも、"誰かになりたくて生きているわけじゃないけど なんか本物になりたい"ってありますね。

大森:これは、YUKIちゃんが「本物になりたい」って言ってるのを聞いて、「あの人がそう思ってるなら私なんて絶対無理やん、本物になんてなれない」って思って(笑)。"なんか"っていう軽い単語をアタマに持ってくるくらいで、自分にはちょうどいいのかなと。

ーー10月のツアー準備は順調ですか?

大森:はい。今ちょうどリハーサルを重ねているところです。やっぱり曲ごとにいろいろやってきたので、「どれやる?」っていう感じなんですけど、やっぱり「今、この時期に見せるライブ!」というよりは、いろんな時期に好きになってくれた人たちが、みんな楽しめるようにしたいです。弾き語りの頃、「きゅるきゅる」の頃、それから今の私、どれが好きな人にも満足してもらえるようなライブにしたいです。

サムネイル
『POSITIVE STRESS』10月26日にリリースする大森靖子


◆ 大森靖子
新少女世代言葉の魔術師。超歌手。弾切れも気にせず畳み掛けるように言葉を撃ちまくるジェットコースターみたいな弾き語りや、ときにギターすら持たないアカペラによる夜のパレードのような空間制圧型ライブの評判が広がりメジャーデビュー。
座右の銘:「愛する気持ちだけでは 報われなかった全てを抱きしめる」

(取材、文、写真/黒田隆憲)

大森靖子 「勹″ッと<るSUMMER」無料配信中(2016年8月24日リリース)>>


大森靖子「ピンクメトセラ」無料配信中(2016年8月24日リリース)>>


大森靖子 「ウエディング・ベル」無料配信中(2016年8月24日リリース)>>


トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ