ここから本文です

サンリオと『秘密結社鷹の爪』シリーズで知られる映像コンテンツ制作会社・DLEがタッグを組んで誕生したショートアニメ『ペペペペン議員』が動画サイト「GYAO!」で第3話まで配信中(毎週最新話を追加)。日常の"あるある"な場面についてペンギンのキャラクターたちが熱く(?)議論を繰り広げる新感覚・討論アニメとなっている。

サムネイル

写真:アフロ


「友達からお金を返してほしい時...自分から返してと言う派? 待つ派?」、アンケート結果は......>>

「雑誌を読んでいてたまたまエッチなページに差し掛かった時、後ろに他人がいたら......飛ばして読む派? 堂々と読む派?」、アンケート結果は......>>

「靴を履いた後に忘れ物に気づいたら...靴を脱いで取りに行く派? 靴を履いたまま頑張る派?」、アンケート結果は......>>

舞台はペンギンたちがまるで人間のように暮らす国・南極合衆国。そちらの国会では、"ペン議員"たちが日常のさまざまな問題について、あーでもないこーでもないと議論を繰り広げている。その議論のテーマは「ちっちゃ!」と言いたくなるものの、確かに答えに悩むものばかり......。

たとえば第1話のテーマは、「友達からお金を返してほしい時...自分から返してと言う派? 待つ派?」。ペン議員たちは「忘れられていたらどうするのよ」「セコイやつと思われるのは嫌」と"自分から言う派"と"待つ派"に分かれてカンカンガクガク。

議論の末に毎回思いもよらない決着がくだされて視聴者はツッコみたくなるわけだが、エンディング後には「人間界の結果」として、DLEが行った男女約100人を対象としたアンケート結果が発表されるのがおもしろい。「友達からお金を返してほしい時...自分から返してと言う派? 待つ派?」アンケートの結果は、言う派が51.4%、待つ派が41.4%、その他が7.2%。ほぼ半々と言っていい結果となったが、あなたはどちらを選んだ?

なお第2話、第3話のテーマはそれぞれ「雑誌を読んでいてたまたまエッチなページに差し掛かった時、後ろに他人がいたら......飛ばして読む派? 堂々と読む派?」と「靴を履いた後に忘れ物に気づいたら...靴を脱いで取りに行く派? 靴を履いたまま頑張る派?」。エンディング後のアンケート結果を答え合わせのようにして、本編も楽しむのがオススメだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ