ここから本文です

乃木坂46・橋本奈々未が、来年2月20日の誕生日を目安にグループを卒業することを発表。さらに芸能界引退も宣言した。橋本はすべてのシングルにおいて選抜メンバーという、グループ内でもトップクラスの人気を誇るメンバーだっただけにファンに激震が走っている。

サムネイル

橋本奈々未/Nanami Hasimoto(乃木坂46/Nogizaka46), Jun 28, 2015 : 映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」(丸山健志監督)の上映=2015年6月28日撮影
写真:MANTAN/アフロ

乃木坂46 15枚目「裸足でSummer」無料配信>>

11月9日発売の16枚目シングル「サヨナラの意味」で初のセンターポジションを務める橋本だが、今月19日深夜放送のラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」に生出演してグループ卒業を発表。「普通の女性として生きていこうと思っています」と芸能界引退も宣言した。

橋本は2011年8月に乃木坂46の第1期生オーディションに合格。もともと芸能界志望だったわけではなく、現役美大生だった当時自分の居場所について悩み、軽い気持ちでオーディションを受けたのがきっかけだった。しかし乃木坂46に加入すると一躍人気メンバーに。2012年2月のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」からすべてのシングルで選抜メンバーとなり、しかも2列目までのポジションをキープ。曲ごとにとくに良いポジションに立つメンバーは"七福神"や"八福神"のように呼ばれるのだが、橋本はその〇福神に常に選ばれ続けた。

そして「サヨナラの意味」でついに初センターを飾ることに。昨年3月には女性向けファッション誌『CanCam』の専属モデルに起用されて、同年4月よりフジテレビ系「World Baseballエンタテイメント たまッチ!」の5代目アシスタントに抜擢(ばってき)された。さらに同年8月には初のソロ写真集『やさしい棘』が発売されて売り上げも好調。今年2~3月に北海道文化放送で冠番組「乃木坂46橋本奈々未の恋する文学」も放送された。

ほかにもフジテレビ系の月9ドラマ「SUMMER NUDE」にも出演するなどグループ外の仕事も充実していただけに、卒業後に芸能活動を継続したとしてもきっと成功していただろう。それだけに橋本の卒業・芸能界引退はファンに衝撃を与えており、

「卒業→ソロ・移籍なら応援できる場所があるけど、芸能界引退は本当に辛い。2度と姿を見せないってことだもんね」
「ななみん卒業はそこまでダメージ受けてない ななみん芸能界引退が会心の一撃だった」

といった声が上がっている。一方で人気絶頂のときに引退を決断したことを「潔い」と称賛する声もある。

橋本は来年3月に千葉・幕張メッセで開催する握手会を欠席すると発表されていたため、卒業が近いのではないかといううわさはあった。乃木坂46は2011年8月21日に結成されてから5年以上がたった。人気メンバーの卒業も今後さらに増えてきそうだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ