ここから本文です

「1日3割(ヒサン)」「10日で5割(トゴ)」という非合法な金利で金を貸し付けるアウトローの金融屋「カウカウファイナンス」の社長・ウシジマ(山田孝之)を主人公に、金と欲望に翻弄(ほんろう)される人々の転落人生をハードでコミカルなタッチで描く社会派エンターテインメント「闇金ウシジマくん」の劇場映画が2作連続で公開される。10月22日に公開される『ザ・ファイナル』では、原作の「ヤミ金くん編」を実写化。ウシジマの現在と中学時代を交錯させながら、ウシジマの過去の因縁、ルーツに迫る物語となっている。

2010年のテレビドラマ「Season1」に始まり、その後映画シリーズへと成長した映像版の「闇金ウシジマくん」も今回でファイナルということで、原作者・真鍋昌平の胸に去来する想いは何なのか。本人に聞いてみた。

サムネイル

10月22日公開 映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」 原作者・真鍋昌平氏


10月22日公開『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』劇場予告編映像>>


9月22日公開の前作「闇金ウシジマくん Part3」劇場予告編映像>>


テレビドラマ「闇金ウシジマくん Season1」第1話~3話無料配信中! 以降、次話も無料配信予定>>

映画『闇金ウシジマくん 劇場版』も無料配信中>>

――映像化作品としては今回の『ファイナル』(10月22日(土)公開)で終わりであるとアナウンスされていますが、これまで6年ほど映像作品とお付き合いしてきて、感慨深いものもあるんじゃないでしょうか。

真鍋「実はこの前、カウカウファイナンスの役者の方々、山田孝之さんと、やべきょうすけさん、崎本大海さん、そして僕と、4人で座談会をしてきたんですが、取材が終わって、みんなで雑談しているときに、ああ、終わるんだなと思って。しみじみしました」

――映像版のウシジマくんはどのように見てきましたか?

真鍋「作り手が楽しんでやっているなと思いました。役者の方も、美術の方も、非常に細かく作ってくれて。やっている側が、意識を高めて作っているから、それが伝わってきました」

――『ファイナル』では、ウシジマくんの過去の物語が描かれます。原作ではクライマックス用に描かれたエピソードではなく、物語はその後も続いているわけですが、これを『ファイナル』の物語の軸にすると聞いた時はどう思いましたか?

真鍋「それはそれでありだなと思いました。ウシジマくんはどういう生い立ちをしてきた人なのかは分からないじゃないですか。でもこのエピソードには、それが垣間見える部分もあったし。『ファイナル』を見て、逆にまた最初から見返す人もいるんじゃないかなと思って。だから終わり方としてはすごくいいなと思いました。それと最後のウシジマくんの表情もすごく良かったです」

――ウシジマくんは、情に流されず、シビアにお金の回収をする。ある種悪魔的な存在に感じるときもあれば、時に優しさを感じさせる時もあります。真鍋先生の中ではどんな位置づけの存在として描こうとしたのでしょうか?

真鍋「ウシジマくんってなんだかよく分からない人なんですよ。僕もよく分かっていないですし、演じている山田さんもなんだか分からない人だとおっしゃっていましたから。最初に始めた頃は、例えば藤子不二雄のマンガみたいに、ドラえもんがいきなりやって来て、日常が突然に非日常に変わっていくというものがあるじゃないですか。そんな感じの位置づけで考えていたんですよ。宇宙人とかその類いのキャラクターということで。でも、それから実際に演技をされている山田さんを見たりして、自分なりに考えた部分はあります」

――結局、ウシジマくんって何なんだろうという答えはまだ見つかっていない。

真鍋「そうですね。答えはなくてもいいのかなと思っています。ウシジマくん自身は、自分の中のルールで生きているだけですから」

サムネイル
10月22日公開 映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」 原作者・真鍋昌平氏



――今回の『ファイナル』では、幼なじみとウシジマくんとの、お金に対する価値観の違いが明確になります。どんな事情があっても借りた金は返すべきだ、と主張するウシジマくんと、困っている人からお金を取り立てるのは「それは強欲だよ」と忠告する幼なじみと、二人の信念はぶれないままにぶつかり合うわけですが。真鍋先生自身は、お金とどう付き合っていますか?

真鍋「お金って、ない時ほど欲しいじゃないですか。自分が漫画家として駆け出しの頃は、お金が全然なかったし。マンガ賞に応募する時も、借金をして時間を作ってから出していました。その時のお金の感覚と、今の僕が持っているお金の感覚とでは全然違うと思うんです。僕は、お金に対しては距離感が大事だと思っています」

――お金に対する距離感とは?

真鍋「お金が入ると、ものすごく横柄になる人っているじゃないですか。自分がお金を持っているんだぞと見せつけたい人って、逆にお金にどんどん振り回されていくと思うんですよ。だから、お金との向き合い方は、その時の立場ごとにちょうどいい距離感がある。それは間違えたくないなと思っています。自分自身、マンガを描くのはお金のためだけにやっているわけではありません。でも売れるということは、評価をされて、世間に受け入れられていることだから。やはり売れた方が、受け入れられているんだなという実感が得られるんだなと思ってやっています」

――「闇金ウシジマくん」を描く上で多くの方に取材をされていると思うのですが、取材のコツというものはあるんですか?

真鍋「できるだけ外に行って、面白そうな人と遊ぶということです。そうするとその人が新しい人を連れてきたりする。そういうところからネットワークを広げるということもあるし。逆に決め打ちで、こういう人に会いたいと編集の人にお願いして。それに関わりのあるライターの方や、業界にいる方に会わせてもらって。そこから、その人の知り合いや仲間なんかにあたっていく感じでやっています」

――取材時は基本、雑談から始まるんですよね。

真鍋「そうですね。仕事をしている人だったら、一緒に同行して、仕事をしているところを見せてもらったりとか、そんな感じです。ただし、ドキュメンタリーを撮っている人のように、そこまでベッタリと密着するという感じではなく。マンガを描く上では想像しなければいけないところも多いので、いつも合っているか分からないような状況で作っていますけどね」

――取材の時にはどういうところを観察しているんですか?

真鍋「例えば仕事の場などで話している態度と、普段の態度って絶対に違うじゃないですか。だから、例えば電話に出た時とか、ふと気が抜けた時に出る態度を見ると、普段はこういう感じなのかな、とか。そういう部分は見ちゃいます。それとか、部屋を見させていただいた時に、お金が無造作に置いてあったら、お金にだらしない人なのかなとか。靴のかかとを踏んでいたら、あまり物を大事にしない人なのかな、とか。そういうところは見ちゃいます」


◆真鍋昌平(まなべしょうへい)
1998年、「憂鬱滑り台」でアフタヌーン四季賞大賞を受け本格デビュー。 04年から「週刊ビッグコミックスピリッツ」で「闇金ウシジマくん」を連載中。現在37巻まで発売され、累計発行部数 1000万部を超える大人気コミックとなっている。闇金と闇金に取り立てられる債務者たちを圧倒的なリアリティーで描き、11 年に第 56 回小学館漫画賞(一般向け部門)を受賞。その他の作品に「スマグラー」「THE END」、短編作品集に「青空のはてのはて」がある。
座右の銘「一日一善」

(取材・文/壬生智裕)
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ