ここから本文です

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、テレビ東京系で放送中の主演ドラマ「石川五右衛門」の第2話視聴率の目標を「4.1%」と掲げた。

サムネイル

市川海老蔵/Ebizo Ichikawa, Oct 09, 2015 : 「日本忍者協議会」の発足記者発表会=2015年10月9日撮影
写真:MANTAN/アフロ


ドラマ「石川五右衛門」第1話 2016年10月14日放送分を無料配信(~10月21日 23:59)>>

『市川海老蔵』襲名後初主演! ドラマ「石川五右衛門」放送後、GYAO!にて無料配信>>

「石川五右衛門」は、海老蔵にとって2004年の"市川海老蔵"襲名後初めて主演を務める連続ドラマで、10月14日より放送スタートした。放送前に行われた会見で海老蔵は、「視聴率は3%くらいが目標」と発言。初回放送後に更新したブログでは「私の予想は、4.7% ちょい盛りました笑」と上方修正したが、初回の平均視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と報じられており、その予想を上回るものとなった。海老蔵は「テレビ東京さんの目指してたとことピッタリ! よかったよかった」と安堵(あんど)していた。

とはいっても海老蔵としては、まだまだ気が抜けないらしい。第2話が放送される21日にはブログで、「だいたい2話から視聴率さがるらしいので、4.1%めざせーーー」と新たな目標を掲げた。

「石川五右衛門」は、海老蔵演じる天下の大泥棒・石川五右衛門と豊臣秀吉(國村隼)の対決を主軸に、秀吉の側室・茶々(比嘉愛未)とのロマンスなどもケレン味たっぷりに描いた人間ドラマ。テレビ東京にてゴールデンタイムで連続時代劇が復活するのは2008年の「月曜時代劇 主水之助 七番勝負」以来8年ぶり。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ