ここから本文です

声優の肝付兼太さんが、10月20日に肺炎で亡くなったことがわかった。80歳だった。肝付さんはアニメ『ドラえもん』で骨川スネ夫役の前担当声優だったことで知られる。

サムネイル

肝付兼太/Kaneta Kimotsuki, Aug 08, 2012 : 「タツノコプロテン」のオープニングセレモニーに登場した肝付兼太さん=2012年8月8日撮影
写真:MANTAN/アフロ

肝付兼太の出演作品はこちら>>

所属事務所の81プロデュースは10月24日までに公式サイトにて、「病気療養中のところ 平成28年10月20日 肺炎のため80歳にて永眠致しました」と肝付さん逝去を発表した。

肝付さんはスネ夫役のほか、『銀河鉄道999』の車掌役や『怪物くん』のドラキュラ役、『ドロロンえん魔くん』のカパエル役、『おそ松くん』のイヤミ役など昭和のアニメには欠かせない存在だった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ