ここから本文です

お笑いタレント・ビビる大木が、アニメ『ドラえもん』で骨川スネ夫役の前担当声優だった肝付兼太さんを追悼。同アニメでジャイアン役だったたてかべ和也さん(昨年6月に逝去)と肝付さんの私生活での交流を明かした。

サムネイル

ビビる大木, Sep 27, 2016 : 刑事ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(日本テレビ系)の第1話完成披露イベント
写真:MANTAN/アフロ

肝付兼太の出演作品はこちら>>

10月25日放送の日本テレビ系「PON!」では、肝付さんの訃報を伝えた。大木は「スネ夫もそうだけど、『ハットリくん』のケムマキとか『キテレツ大百科』の勉三さんとか......」と、自身も親しんできた肝付さんの演じたキャラクターたちを振り返った。

また大木は、10年ほど前に自身が担当していたラジオ番組「ビビる大木のオールナイトニッポン」の録音作業にたてかべさんが参加したときのエピソードを披露する。収録が終わり、「これからどこに行くんですか?」とたずねられたたてかべさんは、「今からスネ夫と飲みに行くんだよ」と答えたのだという。

残念ながら大木はその場にいなかったそうだが、「おふたりは本当に普段から飲み歩いてて、ジャイアンとスネ夫で。それがうれしいよ、ファンとしては。普段から本当に仲良いんだって」としみじみ。「さみしいね」と故人を悼んだ。

病気療養中だった肝付さんは10月20日に肺炎のため亡くなった。80歳だった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ