ここから本文です

強烈なファルセットボイスとずば抜けてポップなメロディ、緻密で美しいコーラスワークが話題のシンガーソングライター、ビッケブランカのメジャーデビュー・ミニアルバム『Slave of Love』が10月26日にリリースされる。「愛の奴隷」という過激な(?)タイトル通り、恋愛に翻弄(ほんろう)される男のおかしさや切なさをつづった歌詞が印象的で、そこにクイーンやMIKAを彷彿(ほうふつ)させる、高揚感あふれるメロディが乗ることによって、彼ならではのハッピーサッドな楽曲に仕上がった。ベン・フォールズ・ファイヴに影響を受けたという、ピアノを基調としたバンドサウンドも胸熱だ。

幼少の頃、死にかけた経験を含めて3度のターニングポイントを迎えたという、彼の「音楽人生」についてたっぷりと聞いた。

サムネイル

ビッケブランカのメジャーデビュー・ミニアルバム『Slave of Love』が10月26日にリリース


ビッケブランカ 「Slave of Love」無料配信>>


■ お金払って音楽を聴いて、暗い気持ちになるなんて馬鹿馬鹿しいじゃないですか

ーーメジャーデビュー・ミニアルバム『Slave of Love』が完成しました。今の心境を教えてください。

ビッケ:「よし、メジャーや!」っていう意識よりも、これまでインディーで2枚出してきて、これが3枚目のミニアルバムだという意識の方が強くて。自分が作った曲に言葉を込めて、それを音源として完成させてみんなに聞いてもらい、その先には楽しいライブがある。その繰り返しの3回目を、無事に迎えられたという意識の方が強いです。

ーーアルバムのテーマみたいなものは?

ビッケ:タイトルの『Slave of Love』、つまり「愛の奴隷」という意味通り、色恋沙汰のことがメインテーマになっています。それ以外のことはあまりリアリティを持って歌えないというか。自分にとって恋愛が一番の関心ごとでもありますしね(笑)。
サウンドは、ファルセットを多用した高揚感溢(あふ)れるメロディで、ライブでみんなで盛り上がれるものにしました。たとえバラードであったとしてもそう。コーラスや和音の積み方、メロディなど、あらゆる要素が華やかな方向へと向かって欲しいんですよ。だって、お金払って音楽を聴いて、暗い気持ちになるなんて馬鹿馬鹿しいじゃないですか(笑)。

ーー「華やかな楽曲を作りたい」という気持ちへ向かったきっかけは何かありますか?

ビッケ:例えば悲しい出来事があって、それを歌詞にして、悲しげなメロディに乗せて悲しく歌ったところで、一体何の意味があるんだろう? って思います。せっかく曲を作るなら、聴いてくれた人に何かいい影響を与えるものであって欲しいんです。それは単に「ポジティブ」という言葉で片付けられるものではないと思っていて。悲しさに共感して乗り越えるとか、何かしらいい影響を聞き手に与えることを前提で曲は書くべきだなと。作るなら、何かしら意味があるものにしたいんです。

ーー歌詞の世界はわりと暗めというか。いじめられた経験や、フラれたエピソードなどが描写されています。その分、メロディはハッピーにしようという想いもある?

ビッケ:そうですね。明るくハッピーなメロディやアレンジに乗せることで、僕が歌詞を通して伝えたかった、つらい想いも、それに激しく共感してくれた人の想いも、一緒に救われたらいいなと思っているんです。

ーーなるほど。

ビッケ:ミヒャエル・ハネケ監督の『ファニーゲーム』を見たときに、ほんっとうに嫌な気分になったんです(笑)。「一体何を俺に残してくれてんねん!」って。そういう意味では、ハネケ監督は自分にとって、いい意味で反面教師になっているかもしれないです。こんな作品は絶対に作らん! って(笑)。

ーーブルーズも、虐げられた黒人の苦しみを、明るいブルーズに乗せて昇華させる目的がありましたものね。

ビッケ:そうなんですよ。そういう音楽のルーツは踏まえつつ、自分が今、聞いて欲しいという曲を作ろうと思いました。

■ 地声とファルセットを行き来する僕の歌声は、「性別を感じさせない」という意味でジェンダーレス

サムネイル
ビッケブランカのメジャーデビュー・ミニアルバム『Slave of Love』が10月26日にリリース


ーーやはり、自分の恋愛がテーマになっていたりする?

ビッケ:......そう、ですね(笑)。実は、2枚目のアルバムまでは寓話(ぐうわ)的で、想像力に委ねるような曲を作って来たんですけど、歌詞を書きながら自分と向き合うにつれて、最近は説得力のあるリアリティに満ちた言葉を探すようになっています。

ーーハッピーな歌詞を書くことはあまりない?

ビッケ:書ける時が来たらいいなと願っているんですけどね......(笑)。

ーーそこにはやっぱり、マイナー調のメロディが乗るんですかね。

ビッケ:あ、そうですよね。ハッピーでノリノリな歌詞に、アッパーなメロディを乗せても......っていう風に思うかもしれないです。まあ、こういう性格で単にハッピーな歌詞というのが、思いつくのか? という問題はありますけど。

ーー(笑)。もともと音楽を作り始めたキッカケが、命を落とすような経験をされたからだとか。

ビッケ:そうなんです。3歳くらいの時に「医療ミス」に遭ったんです。風邪引いて病院へ行って、解熱剤と点滴を投入されたのですが、その時に大人用の解熱剤を入れられ、体温が32度とかになったんですよ。

ーーええっ!?

ビッケ:心肺停止状態の蘇生措置で(笑)。それまでの僕は、わりとはつらつとした子供だったんですけど、そのことがあって以来、音の聴こえ方がものすごく敏感になって。それで音楽好きの両親が、試しにいろんな音楽を僕に聴かせているうちに、こんな人間になっていました。

ーー(笑)。楽曲を聴くと、クイーンやMIKA、ベン・フォールズ・ファイヴなどの影響を感じます。

ビッケ:ベン・フォールズ・ファイヴは、僕にとってピアノの先生ですね。ピアノは21歳で始めたんですけど、最初はどう弾いたらいいのかわからず、当時のディレクターに教えてもらったのが彼らの音楽で。「そうか、こうやってアプローチすればいいのか!」と思って1年間ひたすら聴きまくりました。

■ 僕の歌声は、「性別を感じさせない」という意味でジェンダーレス

ーー「Natural Woman」は、英語と日本語で男女の立場を変えていますが、このアイデアはどこから出てきましたか?

ビッケ:3枚アルバムを作り、ライブをやってみて、自分の中に男っぽい面と女っぽい面が同居していることに気づいたんです。「時代を感じさせない」という意味のタイムレスという言葉はよく使いますけど、地声とファルセットを行き来する僕の歌声は、「性別を感じさせない」という意味でジェンダーレスだなと。それで今回、アルバムジャケットでもメイクをしているんですが、楽曲でもそんな自分の特徴を表そうと思って、同じ曲を「男目線」と「女目線」の2つのアプローチで歌ってみることにしたんです。

ーー本当に、強烈なインパクトを持ったファルセットですが、ご自身の歌声の魅力に気づいたのはいつ頃ですか?

ビッケ:3、4年前です。もともと僕は声が低くて、ずっと地声で歌っていたんです。その時は、せっかく思いついたメロディも、ピッチが高すぎて歌えないっていうことに対し、ずっとフラストレーションを感じていました。で、どうしたらいいんだろうと悩んでいた時に、MIKAに出会った。彼のファルセットを聞いた時、「こんなふうに歌うのってアリなんだ!」と思ってまねしてみたら、意外にうまくいって(笑)。もっとちゃんと練習すれば、自分の可能性はもっと広がるんじゃないかと思ったんです。

ーーベン・フォールズ・ファイヴに出会ってピアノを弾き始めたのと、MIKAに出会ってファルセットで歌い始めたのと、3歳の時の「医療ミス」が、ビッケブランカにとっての3大ターニングポイントですね(笑)。

ビッケ:アハハハ、確かにそうですね。

ーー今後の抱負、展望を聞かせてもらえますか?

ビッケ:今回が通算3枚目のミニアルバムで、作るたびにスタッフも増え、こうやってインタビューもさせてもらえるようになって、これからもっともっと多くの人にビッケブランカを知ってもらって、次のアルバムもみんなの期待に応えられるような最高のものにしたいですね。そういうことの繰り返しを、ずっと続けていけたらなと思っています。

サムネイル
ビッケブランカのメジャーデビュー・ミニアルバム『Slave of Love』が10月26日にリリース


ビッケブランカ 「コメント動画」>>


◆ビッケブランカ

愛知県出身の男性シンガーソングライター。高校卒業と同時に上京しピアノを習得した後、本名の山池純矢としてソロ活動を開始する。2012年にビッケブランカに改名。その後はライブ活動を中心とし、美麗なファルセットボイスとピアノが紡ぎだすポップチューンを武器に各地のイベントなどに出場し話題を集めている。2014年7月に先行配信シングル「追うBOY」をリリース。同年10月に満を持して1stミニアルバム「ツベルクリン」を発売したのち、11月に東名阪にてワンマンライブツアー「TUBERCULIN tour 2014」を開催する。座右の銘は「常に覇気を持って行動する」

ビッケブランカ 「ファビュラス」>>


ビッケブランカ 「秋の香り」>>


ビッケブランカ 「追うBOY」>>


(取材、文、撮影/黒田隆憲)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ