ここから本文です

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、8年半ぶりにアルバム『Fantome』をリリースした歌手の宇多田ヒカルを「桁違いの天才」と絶賛。同アルバムに収録されている、椎名林檎との初のコラボレーション楽曲「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」の"新しさ"を分析した。

サムネイル

爆笑問題, 太田光/Hikaru Ota, January 29, 2007 : Japanese comedian Hikari Ota, member of the comedy duo Bakusho Mondai, speaks during an interview in Tokyo January 29, 2007. Ota is a rare breed in Japan, where political satire is uncommon among mainstream entertainers. REUTERS/Michael Caronna (JAPAN) [2100]
写真:Reuters/AFLO

宇多田ヒカル 「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」>>


太田は10月25日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、『Fantome』をずっと聞いているとして、「桁違いの天才だね」「別に音楽に専門的に詳しいわけじゃないけど、『絶対新しいコレ』っていうのが本当にわかる」と宇多田を絶賛した。

とくに「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」がお気に入りらしい。同楽曲は、「君を盗んでドライブ」「朝昼晩とがんばる 私たちのエスケープ」などの歌詞からか、不倫をにおわせるような物語を想像していた太田だが、歌っているのは女性たちのデュエットということ、また唐突に「授業サボって」という言葉が出てくるところを、太田は「新しい、素晴らしい」と指摘する。

太田は「全然新しい感覚。恋愛とかドロドロまでもいかない、働いている女性たちの......って感じなのかな」と自身の解釈を述べる。続けて、「『アナ雪』のときに、これは新しいって言われたじゃない? 王子様に助けられるんじゃなくて女性たちが(助け合うって)。」と語り、大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』は、王子様に助けられるのではなく女同士で支え合うヒロインの姿が、新鮮さをもって受け入れられたことと重ねて評価した。

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

アーティスト活動再始動後初! 本人出演による『花束を君に』MUSIC VIDEO>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ