ここから本文です

 織田裕二主演の映画『ボクの妻と結婚してください。』が、11月5日(土)から全国ロードショーされる。本作は、2012年に刊行された、樋口卓治の同名原作を映画化したもの。テレビ業界で働く敏腕放送作家の三村修治(織田裕二)は、何事も「楽しい」に変える発想で仕事もプライベートも充実した日々を送ってきたが、あるとき余命6カ月と宣告されてしまう。遺された家族が幸せに暮らせるよう、妻・彩子(吉田羊)の結婚相手を探すことを、自分の人生の最後の「プロジェクト」として立案し、結婚相談所を経営する元仕事仲間・知多かおり(高島礼子)の紹介で、伊東正蔵(原田泰造)と知り合う。身なり、仕事、年収、性格、全て申し分ない彼に、「ボクの妻と結婚してください。」と無謀な「お願い」をするが......。

 主演の織田も、「ようやく自分のやるべき作品と役柄に出会うことができた」と語る本作は、斬新な設定でありながら「夫婦」とは何か、「結婚」とは何か、そして「家族」とは何か、を問い直すような心温まるラブストーリー。メガホンを取るのは、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11年)などを監督した三宅喜重である。
 そして、主題歌「Forget Me Not」を歌うのは、自身も2年前に結婚を経験した中島美嘉。切なくも、希望に満ちた楽曲を圧倒的な表現力で歌い上げている。そこで今回は中島美嘉に、主題歌についてはもちろん、映画について、結婚についてなど聞いた。

サムネイル

映画『ボクの妻と結婚してください。』主題歌「Forget Me Not」を歌う中島美嘉


中島美嘉 「Forget Me Not 」無料配信>>


監督:三宅 喜重 映画「阪急電車 片道15分の奇跡」無料配信中>>

ー『ボクの妻と結婚してください。』のエンディングテーマ「Forget Me Not」を歌うという依頼があったときは、どのような気持ちでしたか?

中島:私へ頂いたお話ですし、映画のタイトルからしても「悲しい映画だから私に頼んだのかな」とも思ったんですけど、監督からは「そうはしたくない」と言われて。「温かい歌にして欲しい」ということだったので、その辺りを意識して歌いました。

ー特に気に入っているところは?

サムネイル
映画『ボクの妻と結婚してください。』主題歌「Forget Me Not」を歌う中島美嘉


中島:歌詞の中で、"限りある時間(とき)の中 僕に出来ること どれくらいあるんだろう"っていうフレーズがあるのですが、考えてみれば「余命宣告」を受けていなくたって、誰もが限られた時間の中で生きているわけじゃないですか。だとしたら、1日1日を大切に、楽しく過ごせるようにしたいなと思いますね。

ー百田留衣さんとは、「ORION」や「ALWAYS」などこれまでもタッグを組んでいらっしゃいますが、彼の楽曲の好きなところは?

中島:温かく切ないメロディーで、ただただ切なく響く音ではなく、なんとなくふんわりするような音を、いつも作ってくださるところが好きですね。

ー映画を見た感想は?

サムネイル
映画『ボクの妻と結婚してください。』2016年11月5日(土)公開
(c)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会


サムネイル
映画『ボクの妻と結婚してください。』2016年11月5日(土)公開
(c)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会


中島:まんまと泣いてしまいました(笑)。ただ悲しいだけでない、こんなにも「温かい悲しみ」があることを教えてもらいました。普通の恋愛ものとはかなり違うユニークな設定ですが、修治(織田裕二)の気持ちは、わからなくないですね。もし自分が、愛する人をおいて旅立たなければならなくなった時、その後もずっと自分を愛して欲しいっていう気持ちはもちろんあるけど、幸せにもなって欲しいと思うだろうから......。

ー修治、彩子(吉田羊)、正蔵(原田泰造)の三人だったら、どのキャラクターに一番感情移入しましたか?

サムネイル
映画『ボクの妻と結婚してください。』2016年11月5日(土)公開
(c)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会


中島:私は正蔵でした(笑)。自分は結婚しているけど、もし、私が彼の立場だったら、戸惑いながらも同じ決断をするだろうなと思いながら映画を見ていたので。見終わった後も、ずっと心に残る役柄ですね。

ーやっぱり、余命宣告された人の気持ちを優先させてあげたい?

中島:そうですね。もし今の旦那が修治と同じようなことを提案してきたら、きっと私もそれにのると思います。

ー映画の中で特に気に入ったシーンは?

中島:やっぱり結婚式のシーンですね。そこでのやり取りに感動しました。

ー中島さんは結婚されてもうすぐ2年ですが、今はどんな心境ですか?

中島:毎日何かを報告できる人がいる、いいことも悪いことも。それが幸せなことだなと思います。

ー台湾でライブがあるそうですが、何か意気込みはありますか?

中島:すごく待ってもらったので、その分ガッカリさせないように(笑)頑張りたいと思います。台湾の人たちは、元気で激しくノってくれる印象があるので、それを踏まえたセットリストを考えたいですね。

映画「ボクの妻と結婚してください。」予告編映像>>


サムネイル
映画『ボクの妻と結婚してください。』主題歌「Forget Me Not」を歌う中島美嘉


◆ 中島美嘉(なかしまみか)
1983年、鹿児島県生まれ。2001年デビュー以来、圧倒的なビジュアルと歌声で一躍人気を集め「雪の華」「ORION」などヒット曲を次々発表。2005年映画『NANA』で主演を果たすほか数多くのドラマ、映画にも出演。国内のみならず海外でも歌手・映画・ドラマ・ファッションなど、唯一無二の存在として活躍する稀有(けう)なアーティスト。デビュー15周年を迎えた今年、初のアコースティックツアー開催やフェス出演、さらに新プロジェクトMIKA RANMARUの初ツアー開催など精力的に活動。座右の銘は、「親しき中にも礼儀あり」

(取材、文、撮影/黒田隆憲)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ