ここから本文です

シンガー・ソングライターの松任谷由実が10年ぶりにフジテレビ系「SMAP×SMAP」にゲスト出演。SMAPの解散を残念がり、メンバーひとりひとりに手紙を送ったことを明かした。

サムネイル

松任谷由実/Yumi Matsutoya, Jul 23, 2014 : 写真説明=舞台「Yuming sings...『あなたがいたから私がいた』」の制作発表会見に登場
写真:MANTAN/アフロ


松任谷は10月31日放送の「SMAP×SMAP」で、新曲「Smile for me」やヒット曲「守ってあげたい」をSMAPとコラボして披露した。


松任谷は番組放送後にTwitterで、「スマスマ前回出演から、もう10年もたったのかあ。それぞれ色々あって当然。感無量」としみじみ。「スマスマの収録に向かうレインボーブリッジの上で、たまらなく悲しくなった。純粋なファンという人たちの気持ちが、生まれて初めて理解できたような気がした」と年末をもって解散することが決定しているSMAPを惜しんだ。


松任谷は、SMAPメンバーひとりひとりに手紙を書いて楽屋に置いたそうで、「いつかSMAPとして、みんなが笑って会えるように、もっともっと大きなひとになって、思い出の欠片いっこもなくさないようにしてね」とメンバーへの思いを明かす。


また放送翌日の11月1日にも松任谷は、「今、マイケルが亡くなったときみたいな気持ち。なんでもっと早くSMAPを応援してること、堂々と表明しなかったんだろう」と残念がり、「今回、SMAPと間近に接する機会を持つことが出来て、つくづく思ったよ。1度でも成功を手にしたアーティスト、ましてやスターは、栄光と同じだけの不条理も受け入れなくてはならないのだ」とつづった。


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ