ここから本文です

10月21日に最新アルバム『ジョアン』をリリースした米歌手のレディー・ガガが、プロモーションのため1日に来日。2014年8月に行った「ArtRave:The ARTPOP Ballツアー」以来、約2年ぶりとなる来日に合わせて2日、都内で記者会見が行われた。最新作『ジョアン』のトレードマークでもあるベビーピンクの帽子に同色のジャケット、シルバーにきらめくスリットだらけのロングスカートで、美脚を披露しながらの会見となった。

サムネイル

レディー・ガガ、最新作『ジョアン』を引っ提げ来日記者会見


自身3年ぶりとなる新曲「パーフェクト・イリュージョン」を無料配信中>>


■家族の絆を深めた最新作『ジョアン』

会見では、「毎回、日本をたつときはすごく寂しいの。今回の来日で私がいかに日本を愛しているか改めて認識できました」と、まずは久しぶりに来日した喜びをあらわにしたガガ。ガガのミドルネームでもあり、若くして亡くなった叔母の名前でもある"ジョアン"と名づけられた最新作について「今までの作品以上に、より自分の内面や自身の家族について深く掘り下げた自伝的な曲が収録されています」と語ると、ゴージャスで力強いパフォーマンスの源も「熱心に働く母や祖母など、自分の強い女性たちの影響を受けているんです」と明かした。ガガの家族を象徴するアルバム『ジョアン』がヒットすることは、ガガの家族にとって癒やしになっているという。

■将来的には子どもを産んで家族を作りたい

サムネイル
レディー・ガガ、11月4日『NEWS ZERO』初生出演


30歳を迎えたガガは、「肩に力が入っていた20代よりも賢さを身に着け、自分らしくいることに自信を持つようになった」と大人の余裕を感じさせる発言も。最新作のトレードマークであるピンクの帽子も、アーティストとして経験を積んだ"女性の強さ"を象徴しているそう。今後の予定は、「この先10年後も音楽を作ってツアーを行いたい。家族を大事にしている家系なので、子どもを作って自分の家族を作りたいとも思っています」と自身のプライベートな将来についても語られた。

サムネイル
最新作アルバム『ジョアン』は、オリコン洋楽ウィークリーランキングで1位を獲得済み


サムネイル
アルバム『ジョアン』のイメージカラーと同色の着物をプレゼントされたガガ


会見の最後には、アルバム『ジョアン』のイメージカラーと同色の着物をプレゼントされ、感激の涙を流しながら優雅に羽織って見せた。「着物に帽子っておかしくないかしら?」と少し照れながら、涙が光る目を輝かせながら満面の笑顔を振りまいた。

最新作アルバム『ジョアン』は、オリコン洋楽ウィークリーランキングで1位を獲得済み。世界73の国と地域のiTunesトップアルバムランキングで1位に輝いている。ヒットメイカーのプロデューサー/DJのマーク・ロンソンがプロデュースし、ベックやフローレンス・ウェルチなど、オルタナティブなロック・ミュージシャンも参加し、新しい音楽作りに果敢に挑んでいる。アルバム『ジョアン』を引っ提げた来日公演の発表も待ち遠しい限りだ。

レディー・ガガ 「G.U.Y.」無料配信中>>


レディー・ガガ 「アプローズ」無料配信中>>


レディー・ガガ 「マリー・ザ・ナイト」無料配信中>>


レディー・ガガ 「ユー・アンド・アイ」無料配信中>>


レディー・ガガ 「ジューダス」無料配信中>>



(取材・文/岩木理恵@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ