ここから本文です

2014年に女子中高生の間で流行していた"LINE歌詞ドッキリ"という遊びをご存知だろうか? そして"erica"というアーティストのことは? あなたがすでに成人しているのならば、知らないのも無理はない。ericaはテレビ露出がほとんどないにもかかわらず、LINE歌詞ドッキリをきっかけに女子中高生の間で"告うたのカリスマ"として絶大な支持を得ているアーティストなのだ。いまや女子たちの間でカラオケの定番曲となっているericaの楽曲「あなたへ贈る歌」の本人出演映像が動画サイト「GYAO!」にて先行配信されている。

サムネイル

女子中高生のカリスマ・erica、11月23日にはニューシングル「さよならの告白」をリリース


「あなたへ贈る歌」の本人出演映像をGYAO!にて先行配信開始>>


無名のアーティストが2年以上も前に発表した楽曲である「あなたへ贈る歌」が、なぜこんなに支持され続けているのか? それはLINE歌詞ドッキリがきっかけだった。LINE歌詞ドッキリとは、LINE上で1文ずつ歌の歌詞を送っていくというもの。突然シリアスなメッセージを続けて送ることで相手を驚かせる......という遊びなのだが、こちらは恋愛ソングの歌詞を恋人や好きな相手に送って思いを伝える形が定番だ。

そのブームの中で注目が集まっていったのが「あなたへ贈る歌」だ。もともと同楽曲は、ericaが「好きな人に告白する勇気がない」というファンの悩みに応えて作ったもの。そのファンは「あなたへ贈る歌」を意中の相手に送ることで見事告白に成功したそうで、女子中高生たちの間で「告白にピッタリの歌」として口コミで広がっていった。その盛り上がりによって、動画サイトにアップされた「あなたへ贈る歌」のリリックビデオ(歌詞のみの映像)は再生回数1600万回を突破。さらに同楽曲をカラオケ配信する第一興商では、カラオケランキングに2年間に渡って上位ランクインするという快挙を果たした。

そして女子中高生から「erica本人の映像が見たい」というリクエストが多数寄せられたことにより、このたび第一興商では本人歌唱のカラオケ映像を作成し、11月6日より同社のカラオケで配信をスタート。さらに同日より「GYAO!」でも同映像が先行配信されて、今後はPVとしても使用していくことが決定している。

ericaの楽曲の多くは、告白や失恋、片思いをテーマとしたものとなっており、本人はそれらを"告うた"と呼んでいる。いまや彼女は"告うたのカリスマ"として女子中高生の間で絶大な支持を集めているようだ。

テレビ露出もほとんどないのに口コミの力でヒットを飛ばし、新世代のソーシャル型アーティストとしても話題をよんでいるerica。今後さらなる飛躍を遂げて、SNS時代のひとつの手本となるか? なお11月23日にはニューシングル「さよならの告白」をリリースする。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ