ここから本文です

NHK朝ドラ「べっぴんさん」に出演中、舞台でも活躍し俳優業も好調なYUYA(松下優也)がリーダーを務めるグループX4が初のバラードシングル「キズナ」を12月14日にリリースする。X4のイメージを変える最新ナンバーや、「べっぴんさん」、そしてこの先についてをYUYAが語ってくれた。

サムネイル

YUYA(松下優也)、X4として初のバラードシングル「キズナ」を12月14日にリリース


X4、初のバラードシングル「キズナ」を無料配信中>>


■X4の新たな魅力を聞かせる新曲「キズナ」

「これまでの曲はダンスナンバーが多かったんですが、歌でじっくり聴かせられるのもX4の良さなので、各メンバーの歌声が引き立つ曲『キズナ』を3枚目のシングルとしてリリースすることにしました。今回は、グループだからこそ歌える"仲間との絆"がテーマで、X4の新たな側面を表現したかったんです。一人で生きているつもりでも常に人は誰かと共に生きていますし、集団でいるとポジティブなことだけが起こるわけでもないので、『キズナ』を聴いてくれた人たちが、それぞれに属している団体の中で、さらに強い結束力が生まれたりするような変化が起きたらうれしいです」

「僕たちX4は、歌やダンスの方向性や意見に関してはとても一致団結しているんですが、食べ物のこととかパフォーマンス以外のことに関しては、すごく優柔不断でバラバラだったりします(笑)。僕はX4のメンバーからリーダーとして憧れられるというよりは、メンバーから彼氏にしたいと思われるくらい、器の大きい男になりたいと思っているんです(笑)」

「僕は、どんな環境でも、どんなときに聴いても、心にスーっと入ってくるような歌を歌いたいといつも思っています。僕が大好きなマイケル・ジャクソンは、踊りやエンタメ性、大規模なパフォーマンスが『めちゃくちゃすげえ!』と思っているんですけど、マイケルの一番の良さは、歌うときに真からあふれ出てくるモノだなと。テクニックだけではなく、歌うときに自分の魂に対して、うそなく歌う本物の想いが込められているからこそ、聞く人の魂を揺さぶるような曲になっているんじゃないかと思っています。今回の『キズナ』もそんな風に聴いてくれた人の心の深い所まで届いてほしいです」

■すっかりなじんだ街、NYで早朝の撮影を敢行

「『キズナ』のミュージックビデオはNYで撮影してきたんですが、15歳でNYに行ってからほぼ毎年NYに行っているので、さすがに街に慣れたという実感がわきました。メンバーみんなで一軒家みたいなところに泊まって、朝3時半起きという現場でしたね。各メンバーが歌っているところだけじゃなくて、それぞれがNYの街中を歩いているシーンもきれいなのでぜひ見てほしいです。5人で顔を見合わせて囲んで撮ったシーンがあるんですが、そんな撮影の仕方をしたのは初めてでおもしろかったですね。X4のメンバーみんなと一緒に行ったことで、NYでの楽しい出来事を共有できたのもうれしかったです」

■NHK朝ドラ「べっぴんさん」の現場で地元感を満喫!?

「NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演が決まったときは、『あの朝ドラからオファーが来た!』とすごく驚いてうれしかったんですけど、頭の中の半分以上は『なんで俺なんやろう?』とハテナでいっぱいでした。実は、番組制作の方が、僕が出演していた『花より男子 The Musical』を見てくれていて、僕が演じている岩佐栄輔役はネイティブの関西人にやってほしいと思っていたことが、関西出身の僕へのオファーにつながったようなんです。そういった理由を聞かせてもらってやっと自分にオファーがきたことを納得できました。今でも『俺、朝ドラに出演してんねんな』と客観的にしみじみ思ったりしますけど(笑)。ドラマは大阪で制作しているので、現場のスタッフさんは関西人が多いんです。僕にとっては地元感があってすごく居心地よくて、撮影を楽しめました」

「『べっぴんさん』の時代は戦後だし、栄輔は家族を亡くしているという設定なんですが、あまりにもそのエピソードに引っ張られ過ぎてトーンが沈みすぎないように演じていました。登場人物はみんなそれぞれ抱えている問題があるけれど、栄輔のキャラクターは元気なテンションに上げて演じています。共演している高良さんはすごく話も合いますし、とてもいい先輩でめっちゃ優しいんです。とても真面目な方で、真剣に役者をやられている高良さんと共演できてうれしかったですね。すごく信頼しているし、本当に高良さんが兄貴役で良かったなと思っています」

■制限なしの活動で広がる可能性

「僕はまずシンガーとしてデビューして、いろんな活動をしていくうちに次々と新しい展開へつながっていったので、今後の役者業も特にテレビだけ舞台だけとは活動を制限せずに、いろいろやってみたいんです。僕は未体験のことを頭ごなしに断らないようにしています。あと、知らないことがあれば何でも調べちゃいますね。
久しぶりにテレビドラマに出演してみて、やっぱり僕がまだ知らないことはたくさんあって。それがすごく面白くて、芝居の勉強になりました。僕は舞台の方が経験は多いし、テレビ出演で僕のことを知ってくれた人が、舞台の方にも興味を持ってくれて見に来てくれるようになるのが、理想です」

■意外にも今後はコメディにも力を入れたい!?

「昨年『モンティ・パイソンのSPAMALOT』という舞台をやらせてもらったんですが、すごく面白い体験だったんです! 僕はお笑いがすごく好きなので、またコメディ作品をやりたいですね。今年NHK『LIFE!~人生に捧げるコント~』にも出演させてもらったんですが、それもすごく楽しかったです。人を歌で感動させたりダンスで魅了したりすることも楽しいんですけど、プライベートでも人を笑わせることがめっちゃ大好きです。関西人だからか、自然と人を笑わかせたい欲があるんですよ(笑)」

「来年4月からは全国ツアーも決定しているんですが、ライブをすごく大事にしています。音楽を聴くにもライブを見るにも今は何でもインターネットで見られて、流行もほぼ同時に世界中で起こりますよね。それはそれでリアルだと思うんですが、やっぱり同じ空間で体感するのと、映像で見るのとはそれぞれ違う体験になると思います。同じ曲を聞いても聴こえ方はすごく変わると思うので、音源を聞いたらライブの方にもぜひ来てほしいです!」

X4 「Pride」(2016年10月5日リリースのミニアルバム『4 MY BABY』収録)>>


X4 「Future, Super Duper, Nova」(ミニアルバム『4 MY BABY』収録)>>


X4 「Little Longer」(ミニアルバム『4 MY BABY』収録)>>


X4 「Will You Marry Me」(ミニアルバム『4 MY BABY』収録)>>


その他、これまでの過去曲も無料配信中>>
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

サムネイル
YUYA(松下優也)、X4として初のバラードシングル「キズナ」を12月14日にリリース


◆X4(エックスフォー) YUYA(松下優也)
2015年俳優としても活動するYUYA(松下優也)を中心にX4を結成。1stアルバム『XVISION』がインディーズながらiTunes R&Bチャート1位を獲得。驚異的なスピードで注目を集め、同年にシングル「Killing Me」でメジャーデビュー。オリコンデイリーランキング最高位3位を獲得した。2016年に新メンバーSHOTAとJUKIYAが加入。同年1stアルバム『Funk,Dunk,Punk』をリリース。オリコン週間アルバムランキングで10位、また最新作10月5日発売「4 MY BABY」では自身最高オリコン週間アルバムランキングで9位を記録。結成から今までリリースした作品全てが、音楽配信チャートR&Bチャートで1位を記録している。
<座右の銘>百聞は一見にしかず

(取材・文/岩木理恵@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ