ここから本文です

来年6月開催のさいたまスーパーアリーナ公演をもって解散することが決定しているアイドルグループ・℃-uteの鈴木愛理が、シンガーソングライターにずっと憧れていることを告白した。

サムネイル

鈴木愛理(℃-ute), Nov 04, 2016 : 東京都内で新シングルの発売記念イベントを開催したアイドルグループ「℃-ute」
写真:MANTAN/アフロ


鈴木は11月9日にブログで、NMB48・山本彩のソロライブを訪れたことを報告。「そこにいたのはアイドルの山本彩じゃなくてアーティストの山本彩でした」と山本が制作した楽曲や歌声を絶賛した。

鈴木は「今日MCで昔から、シンガーソングライターになるのが夢だったっていう話をしててなんかそこで、ハッとなったんだよね」と振り返る。「わたしも昔からの夢はシンガーソングライターになって自分から生まれた言葉と自分から生まれたメロディで、人に勇気や笑顔を届けることで」と告白し、「ギターも中途半端に終わっている今、ましてや作詞作曲なんて、できもしないけど先の先を行く彩ちゃんの姿がかっこよすぎて。でもちょっと悔しくて」とソロ歌手としても活動をスタートさせた山本に憧れを示した。

山本が作詞・作曲を担当した楽曲「レインボーローズ」だが、鈴木は「レインボーローズの花言葉は『無限の可能性』なんだって!!」とつづる。「わたしも絶対諦めない!! 無限の可能性を信じてやるっっ!!」と意気込んだ。

℃-ute解散後のメンバーの進路は不明だが、鈴木はソロのアーティスト転向という可能性もありえるかもしれない。

激しいダンスに注目!℃-ute 「夢幻クライマックス」無料配信中>>


山本彩が自宅で襲われた超常現象>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ