ここから本文です

国民的アイドルグループ出身のセクシー女優・三上悠亜が、『週刊文春』のスキャンダル報道によって仕事が激減したためグループ卒業を決断したと卒業までの一部始終を明かした。

サムネイル

提供:アフロ


★「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」最新話を無料配信中>>



人気セクシー女優である三上は、11月10日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演した。16歳のときに芸能界デビューし、「NHK紅白歌合戦」にも出場した彼女がなぜ昨年セクシー女優に転身したのかというと、スキャンダルが報じられてしまったから。

スキャンダルはふたつあり、ひとつはグループに所属したばかりの高校1年生のとき。研究生から正規メンバーに昇格したことで「浮ついてしまって」恋愛に関心が出てきてしまった。道端で会ったファンと私的に会話しているところをメンバーに目撃されて、「あいつはファンとつながっているんじゃないか?」といううわさが広まり、再び研究生に降格することになってしまったと明かした。

だが地道に活動しているうちに正規メンバーに戻ることができて、さらにファンの投票企画でグラビア部門1位を獲得し人気も伸びてきた。しかし三上は「明るい未来を想像してたけどまた浮ついてしまった」のだという。20歳のとき、東京に仕事に行った際に友人から食事会に誘われて、「そこでハイテンションになって記憶をなくしてしまった」。

ハイになった三上が"ある男性"とキスしているところが『週刊文春』に報じられて大騒ぎに。三上は「そこからすごい干されて。正規メンバーだけど一気に(立ち位置が)端っこに。写真撮るときも端だし。グラビアの仕事も全部他の子に回されちゃって......」と明かす。

仕事が激減し、「私もうダメだな......」と感じた三上。「ここでやっていっても、たぶんやりたいこともできないし、お仕事も全然もらえないし、握手会とか公演とか全員出られるラジオとか、本当にみんながやる仕事しかなかった。毎日暇だし、もう嫌だな~と思って、20歳だし区切りでここでもう辞めようと思って卒業を決めた」と告白した。

また「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」では、そこから三上がセクシー女優デビューを決めるまでや、アイドル時代と現在のギャラ事情についても明かしている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ