ここから本文です

歌舞伎俳優の片岡愛之助と結婚した女優の藤原紀香が、梨園の妻としての悩みを告白。ファンの写真撮影や握手の頼みを断らないといけない場合があるとして、「裏方は裏方としてやりたいから」と申し訳なさそうに語った。

サムネイル

藤原紀香/Norika Fujiwara, May 28, 2007 : Japan premiere of "Shrek 3" at NHK Hall, Shibuya, Tokyo, Japan. (Photo by AFLO) [1080]
写真:アフロ


紀香は11月15日放送の日本テレビ系「PON!」にVTR出演し、最近の悩みを明かした。夫の公演期間中は劇場に立って来場客をもてなすのも梨園の妻の役目なのだが、その際に写真撮影や握手を求められることも多いらしい。

紀香は「こういうところ(街中)で『写真撮ってください』って声をかけられると、『いいですよ、どうぞ』って撮るじゃないですか。でも劇場ではできないので。『写真撮ってください』とか『握手してください』とか言われるんですけど、『ごめんなさい。今日は裏方なんで』って何百回と言うわけ」と対応について話す。残念そうに帰るファンの姿を見て「本当にごめんなさい」と毎回心苦しく思っていると明かした上で、「裏方は裏方としてやりたいから。本当にそこだけはごめんなさい。ご理解ください」と理解を求めた。よほど悩んでいたようで、紀香は「これだけはすっごく言いたかった」と語っている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ