ここから本文です

HKT48・指原莉乃が、自身初となるディナーショーのチケット代3万4,500円について、「赤字ギリ」の価格設定であることをぶっちゃけた。

サムネイル

指原莉乃/Rino Sashihara(HKT48), 指原莉乃(HKT48), Jan 29, 2016 : 東京都内で行われたドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」の初日舞台あいさつ
写真:MANTAN/アフロ


指原は11月20日にグランドプリンスホテル新高輪にて初めてのディナーショーを開催する。チケット代は3万4,500円とディナーショーとしては一般的な価格であるが、やはり通常のライブやイベントに比べると高額であるため、ネット上では驚きの声も上がっていた。

指原は11月17日深夜放送のTBS系「HKT48のおでかけ!」で、ディナーショーの裏事情を明かした。もともと自身としてはソロコンサートの開催を希望していたが、プロデューサーの秋元康氏に「指原が今後芸能界でやっていくには絶対ディナーショーだ」と助言されて、ディナーショー開催に至ったと説明した。

高額チケットも見事完売。指原は、ほかにも秋元氏から「食事にこだわりなさい」「ホテルの人と話して、とにかく食事を豪華にするんだ」というアドバイスがあったとして、「大人のディナーショーなので。3万4,500円でも赤字ギリなんですよ、正直。誰が儲(もう)かってんの? って思うくらい赤字覚悟で、AKS(HKT48の所属事務所)の皆さんが頑張ってる」と値段にふさわしいクオリティになっていることを強調した。

顔は指原莉乃、体は和田アキ子な、そっくり女芸人>>


指原莉乃が無意識でやってしまう癖とは>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ