ここから本文です

ザ・ローリング・ストーンズが12月2日、11年ぶりとなる新アルバム『ブルー&ロンサム』を発売する。アルバム発売にあわせて動画サイト「GYAO!」では、メンバーたちの最新インタビュー映像が公開された。

サムネイル

ストーンズ最新インタビュー映像を「GYAO!」にて公開(字幕付きオンデマンド配信)


ストーンズ最新インタビュー映像を「GYAO!」にて公開(字幕付きオンデマンド配信)>>


『ブルー&ロンサム』は、構想50年、レコーディング期間はたったの3日で制作された。レコーディングがおこなわれたのは、ストーンズがブルース・バンドとしてのキャリアをスタートさせた、ロンドン西部にあるブリティッシュ・グローヴ・スタジオ。ロニー・ウッドは制作中のセッションについて、公開されたインタビュー映像の中で「豊かな鉱脈を掘り当てたようにエキサイティングだった」と振り返っている。

アルバムには全12曲が収録されており、うち2曲の「エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング 」と「アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー」には、なんと旧友であるエリック・クラプトンがゲスト参加。隣のスタジオで偶然レコーディングをおこなっていたのが参加のきっかけだというから驚きだ。

サムネイル
ザ・ローリング・ストーンズが12月2日、11年ぶりとなる新アルバム『ブルー&ロンサム』を発売


アルバムのテーマである"ブルース"は彼らの原点。ミック・ジャガーはブルースについて、「(ポップ・ミュージックと比較して)ブルースの方が直接的、というのか、体験を直接的に語っているし、サウンドも強烈で、リズムも面白いし、踊りやすい音楽だった」と語っている。11年ぶりのアルバムはストーンズが愛するミュージシャンたちへのオマージュであり、彼らの今の瞬間が詰まったアルバムだ。

「GYAO!」では収録曲のうち「ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー」(オリジナル:1955年、リトル・ウォルター)のMVを配信中。そしてアルバム発売日である本日12月2日には、8分38秒にわたるストーンズへの最新インタビュー映像を配信。(字幕付き)

「ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー」(オリジナル:1955年、リトル・ウォルター)配信中>>


サムネイル
ザ・ローリング・ストーンズが12月2日、11年ぶりとなる新アルバム『ブルー&ロンサム』を発売


「ザ・ローリング・ストーンズ」これまでのヒット曲を一挙配信中>>

ザ・ローリング・ストーンズ 「ワイルド・ホース」(歌詞ビデオ)>>


ザ・ローリング・ストーンズ 「ドゥーム・アンド・グルーム」>>


ザ・ローリング・ストーンズ 「ノー・スペア・パーツ」>>


ザ・ローリング・ストーンズ 「フォローイング・ザ・リヴァー」>>


ザ・ローリング・ストーンズ feat.エリック・クラプトン 「Brown Sugar」(Audio)>>


(文/上野澪@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ