ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。12月3日の放送では、歌手の岩崎良美が登場しました。

★「有吉反省会」最新話を無料配信中>>



サムネイル
有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Mar 21, 2013 : 4月スタートの新番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の会見に登場した有吉弘行さん=2013年3月21日撮影
写真:MANTAN/アフロ


■最新アルバム、"歌詞カードなし"の理由は......

歌手デビュー36年目、アニメ主題歌「タッチ」を代表曲に姉・岩崎宏美とともに国民的姉妹歌手として人気を博した岩崎良美。彼女は、なんと最新アルバムに歌詞カードを入れずに販売し、ファンを困惑させたことを反省します。

なんでこんなことになったのかと本人に聞いてみると、「とにかく少しでも早くファンに聴いてもらいたかった」と建前を述べた後に、「経費削減にもなるかな」と本音もポロリ。ファンのなかにはCDケースを壊してまで歌詞カードを探した人もいるそうで、まったく罪なことをしたものです。

■有吉弘行「入れたほうが楽だったのでは?」

スタジオで岩崎は、「ジャケットのQRコードから歌詞が見られるようになっているんですよ」と説明しますが、岩崎のファンはQRコードなんて使えなさそうな年配者が多そうです。コンサート後の販売会でも「握手しながらひとりひとりに『歌詞カード入っていないんです』と説明しながら販売した」と語り、MCでお笑い芸人の有吉弘行に「むしろ歌詞カード入れたほうが楽だったのでは?」と指摘されていました。

■価格不評のオリジナル人形、評価一転の理由は?

そんな岩崎は、実は大のフランス語好き。留守番電話の応答メッセージもフランス語で、フランス語学校にも通っていると話します。そしてスタジオでフランス語版「タッチ」を生披露。「タッチ」を「トゥッシュ」と発音するのを見て、お笑い芸人の大久保佳代子がえらく感心します。まあ有吉は「トゥース」(お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰の持ちネタ)を繰り返し、岩崎から嫌な顔されていました。

さらにはコンサートでファンと一緒に歌う際に使うオリジナルパペット人形を岩崎が持ち出すも、その価格が4700円と聞いて有吉はじめ見届け人が「高い」を連発。ところが岩崎が"あること"をした途端に有吉は「安い」と評価を一転させました。お笑い芸人の博多大吉は「これの色違いあります?」、同じくお笑い芸人のバカリズムは「箱買いしたい」。岩崎は人形にどんな魔法をかけたのでしょうね。

そんな岩崎への禊(みそぎ)は、「フランス語で秘密を暴露」。その場でフランス語でなにかをつぶやきますが、誰もわかりませんでした。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ