ここから本文です

急性ストレス反応のため活動休止していた歌手・華原朋美が、月曜レギュラーを担当している日本テレビ系「PON!」に1カ月ぶりに復帰。入院生活について明かした。

サムネイル

華原朋美/Tomomi Kahara, Sep 28, 2015 : デビュー20周年について語った華原朋美さん=2015年9月28日撮影
写真:MANTAN/アフロ


華原の所属事務所は11月5日に公式サイトにて、華原が発熱や倦怠(けんたい)感などの体調不良を訴えて検査を受けたところ、急性ストレス反応で約1カ月間の休養が必要だと診断されたため活動休止すると発表した。そして華原は12月5日放送の「PON!」に生出演して復帰。番組冒頭で「いろいろ心配をかけまして申し訳ありませんでした」とわびた。

華原は、入院生活中は携帯電話やネット、テレビから離れていたため、4日に一気に1カ月間のニュースを見たと語る。この1カ月の話題を振り返り、「いろんな人が逮捕されたりとか......。一番すごいと思ったのは、『ミヤネ屋』の(ASKA容疑者との)長い電話。あれはもうすごい」とコメントした。

華原は「『PON!』をクビになると思っていたんですけど、またここに座れて本当にすごくうれしいです」と感謝を述べる。すでにボイストレーニングも再開しているが、「人間って1カ月間寝ていると起き上がるのがすごく大変で、歩くのもすごくしんどいということが今回わかりまして、少しずつ声を出したり走ったり運動して、徐々に頑張っていきたい」としばらくは体力回復に努めるとのこと。視聴者に向けて「人生いろんなことがありますが、今日から再復帰で一生懸命頑張っていきますので、皆様どうぞ見捨てないでください」と呼びかけた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ