ここから本文です

漫才頂上決定戦「M-1グランプリ2016」で優勝を果たしたお笑いコンビ・銀シャリが、たった30分の間に40本の仕事が決まるほどオファーが殺到していることがわかった。

サムネイル

銀シャリ, Nov 20, 2016 : 東京・テレビ朝日にて開催された「M-1グランプリ2016」の決勝進出者発表会見
写真:MANTAN/アフロ


2005年結成の銀シャリは、12月4日に決勝戦が行われた「M-1グランプリ2016」で第12代王者の座に輝いた。翌5日放送のテレビ朝日系「モーニングショー」では、大会直後の銀シャリに密着した。鰻和弘にはLINEメッセージが「128件」、橋本直には「390件」届いており、さっそく友人知人からも祝福されているらしい。橋本は「全然ご飯行ってくれへんかった女の子からも連絡来ましたよ。切なかったです。チャンピオンってすげーなと思いました」と苦笑いだった。

バラエティ生出演のあと、深夜も副賞である「日清のどん兵衛」のパッケージ撮影をおこなうなど、優勝してすぐ忙しく動き回ることとなった。また、マネジャーのもとに仕事の相談が殺到しており、30分間で40本の仕事が決まったことも明かされた。

決勝戦への意気込みを語った「銀シャリ」スペシャル映像>>


2008年、銀シャリの漫才ネタ映像>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ