ここから本文です

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、虚血性心不全のため亡くなった芸能リポーターの武藤まき子さんを追悼。自身と妻・小林麻央についての記事が武藤さんの遺稿だったとして、感謝を述べた。

サムネイル

市川海老蔵/Ebizo Ichikawa, Oct 14, 2014 : 新作歌舞伎「六本木歌舞伎」の製作発表会見=2014年10月14日撮影
写真:MANTAN/アフロ


海老蔵は12月7日、「私の事を武藤さんが伝えることはよくあったけれど私が武藤さんの事を記事にするのは初めてです。麻央さんを支える海老蔵も今年の顔、遺稿になってしまった、、、」とブログを更新。武藤さんの遺稿となった『夕刊フジ』掲載のコラム「麻央さん支える海老蔵も"今年の顔"」について、「この見出し嬉しかったよ。誰にもわからない戦いを武藤さんは感じてくれてるのだなと、嬉しかった。揚げ足取りのような記事が錯乱する中嬉しかった」(原文ママ)と感謝を述べた。

また、笠井信輔アナウンサーは同日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で、「手取り足取り武藤さんにイチから教えていただきました。それから30年、褒められるより叱られることのほうが多くて。50歳を超えてからも長いメールで『ここがダメ』など指摘されました」と故人をしのび、訃報を伝えながら嗚咽する場面もあった。

俳優・坂上忍とニュースキャスター・安藤優子も同局系「バイキング」から「直撃LIVE グッディ!」のリレー放送の中で、武藤さんについて語り合った。何度かインタビューされたという坂上は、「『どこまで聞かれるのかな』っていう圧はすごいけど、お話していると、どこか優しさがあるというか、ちゃんと良きところで落としどころを作ってくださる印象が強かったから、僕は武藤さんがいらっしゃると安心した」と振り返った。

また安藤は、自身が報道から情報番組に移る際に武藤さんから何かと気にかけてもらったと明かし、「涙があふれるというよりショック。まだ立ち直れていないな、という感じ」と吐露した。

武藤さんは虚血性心不全のため12月5日に亡くなった。71歳だった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ