ここから本文です

実写ドラマ版「火花」に出演したお笑いコンビ・井下好井の好井まさおが、同ドラマ出演をきっかけに世界的スタイリストと繋(つな)がりが生まれたことを明かした。好井いわく、なんとレディー・ガガの生肉ドレスを考案した人物だという。

サムネイル

Masao Yoshii of 'HIBANA' attends Netflix contents presentation on 27 Jun 2016. (Photo by Motoo Naka/AFLO)


「火花」出演者に届いた大富豪からの誘い>>


ドラマ「火花」は、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹による芥川賞受賞小説を原作としたネット配信ドラマ。好井は林遣都演じる主人公・徳永太歩の相方役で出演していた。

そのドラマ版「火花」をきっかけに、好井は思わぬ相手と知り合うことになったらしい。12月9日に動画サイト「GYAO!」にて公開されたトーク番組「よしログ」で、ある"ビッグネーム"から誘いを受けたことを明かした。Facebookを通じて海外からも「火花見ました」と感想を受け取ることが増えた好井だが、ある日英語で長文のメッセージを受け取ったのだという。

相手のFacebookアカウントを確認したところ、アイコン写真は英俳優ジュード・ロウとのツーショット。しかも小栗旬との写真もアップしていた。興味をそそられた好井は、「火花を見て感動した。2週間だけ東京にいるので、よかったら飲みませんか」という誘いに好井は乗ることにした。

メッセージを寄せた女性"エイミー"は、なんと数々の著名人と仕事をする世界的スタイリストだった。好井は「レディー・ガガが一躍有名になった肉を巻いた服あったでしょ? あれ考案した人だったんですよ」と驚き顔で語る。そして、そんな相手に「ロサンゼルスでパーティーしようよ。お金は出すから」とまで言われたことを明かした。

ちなみにエイミーがなぜ「火花」を見たのかというと、日本語を勉強するため。好井は、だから日本語がほぼ関西弁だったと話して笑いを誘った。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ