ここから本文です

 発行部数150万部を突破した七月隆文のベストセラー小説を福士蒼汰&小松菜奈主演で映画化したファンタジックラブストーリー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(12月17日公開)。メガホンをとったのは数々の青春ラブストーリーを手掛けてきた三木孝浩監督。京都を舞台に"時の奇蹟(きせき)"を切なくも希望いっぱいに表現した福士と小松に、作品の魅力や、それぞれの2016年を振り返ってもらった。

サムネイル

福士蒼汰&小松菜奈主演『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』12月17日公開


■福士&小松ともに原作を読んで涙!

サムネイル
福士蒼汰&小松菜奈主演『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』12月17日公開
(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会


――非常にファンタジックな原作でしたが、読まれてどんな感想を持ちましたか?

福士:前情報なしで(福士演じる)高寿目線で読み進めていったのですが、最初は「こういうラブストーリーっていいな」と思っていたんです。でも途中で、作品の中の大きな意味を知り、(小松菜奈演じる)愛美ちゃんの気持ちに気づいてからは、切なくなって泣いてしまいました。

小松:まず、題名を見てどんな話なんだろうと思って読みはじめたのですが、読み進めていくうちに、涙が止まりませんでした。時間軸が複雑で、途中でまた最初から読みなおしたりしていたのですが、だんだん切なくなっていく感じや、二人の共有している部分が幸せな時間だったんだなというのがわかって、すごく泣いてしまいました。

――ファンタジー要素の強い作品ですが、演じる上で気をつけたところはありますか?

サムネイル
福士蒼汰 (『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)


福士:三木監督から「格好悪い高寿でいい。そこから成長のグラデーションをつけていきたい」と言われていました。どこで、どのぐらい成長していて、どれぐらい愛美との立場が動いていったらいいのかを細かく監督と相談しながらやっていきました。

サムネイル
小松菜奈(『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)


小松:映画化するには世界観も大切にしたいと思いました。切ないお話なのですが、ただ悲しいものにならないようにしたいという想いと、京都の空気感を感じながら演じたいという気持ちでした。

■お互いクールなイメージを持っていたが、実は末っ子気質で意気投合!

――お二人は初共演ですが、お互いの印象はいかがでしたか?

福士:会う前はクールなイメージが強かったのですが、会った初日に印象が変わりました。すごく明るくて人との距離感をはかれる方だなと思いました。撮影が進んでいくと末っ子気質というか、女性スタッフに甘えたりしていました。立っているだけで意味があるように感じられる、強い存在がすてきだなって思いました。

小松:私も最初はクールで物静かなイメージだったのですが、お互い末っ子だとわかり、打ち解けました。鴨川の飛び石の撮影で福士さんがポーズをとるシーンがあるのですが、三木監督から「いろいろ引き出して」と言われていたので、むちゃぶりしたんです。それに全部応えてくれて、おちゃめな部分も見れて面白かったです。

サムネイル
福士蒼汰&小松菜奈主演『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』12月17日公開


――1カ月半京都で撮影されていましたが、印象に残っているロケ地はありましたか?

福士:高寿が告白するシーンを撮影した京都府立植物園はイルミネーションがあって、カップルもたくさんいました。その方たちが作り出す雰囲気がすごく良くて、オススメスポットです。

小松:デートシーンでいろいろ行きましたね。中でも伏見稲荷大社は、中学の修学旅行で行ったことがあったのですが、その時とまた違った雰囲気を楽しめました。早朝の撮影で、空気が澄んで気持ちよく、鳥居の隙間から差し込んでくる光が神秘的ですごくすてきでした。

■誰も見たことがないような格好悪い福士蒼汰!?

――役作りで意識した点はありますか?

サムネイル
福士蒼汰 (『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)


福士:格好悪い高寿を前面に出そうとして、メガネをかけて、襟足を伸ばして、マフラーに顔をうずめていたり......。三木監督が「誰も見たいことがないような格好悪い福士蒼汰を見せたい」と仰っていたので、目を合わせないで挙動不審にしたり、人に慣れていない感覚を取り入れたりしてみました。

小松:三木監督からは、普段の声よりもう少しトーンを上げてほしいと言われました。男性の理想の女の子というのは本当に苦手で......。『バクマン。』の時もそうだったのですが、しっとりとした役は難しいです。監督の中に、愛美のイメージがはっきりと出来上がっていたので、相談しながら作り上げていきました。一見ミステリアスだけれど、純粋で高寿をいちずに愛するピュアな女の子というところを意識しました。

――高寿は愛美に出会った瞬間恋に落ち、告白しますが、ご自身がそのシチュエーションだったらいかがですか?

サムネイル
小松菜奈(『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)


小松:知らない人だったら怖いですよね(笑)。でも冷静に、話しかけてきた理由を聞いてしまうかもしれません。ただそこから発展していくことはあるのかなって思いますけれど......。

福士:僕は運命的なことを感じても告白はしないです(笑)。いつも同じ時間に会っていて、お互い意識していたらまた違うかもしれませんけど。一目ぼれして、いきなりいくなんて高寿ってすごいな~と思いました。

■福士、小松ともに監督からサントラを渡されたのは初めて!

――三木監督からはサントラを渡されたとお聞きしました。

福士:10曲ぐらい入っていました。透き通ったイメージの曲が多かったですね。曲のイメージを意識して台本を読むと、言葉が感覚的に伝わってきました。なにより監督が音楽を渡してくださることは今まで経験なかったので、作品に対する監督の想いが伝わってきました。

小松:私も音楽をいただいたのは初めてでした。三木監督のイメージしている絵の世界観や温度、空気感が伝わってきますし、音楽って映画の中ではすごく重要な要素だと思うので、その世界観を大事に演じていこうと思えました。二人の芝居が多く、このシーンはあの曲が流れているんだろうなとか考えながら演じることもありました。一つの作品をとても大事にされている方で、とても愛のある方だなって感じました。

【インタビュー】恋愛映画の名手・三木孝浩監督が語るこだわり――映画『ぼく明日』で魅せる音楽と間の美学!

――お二人はこれまで多くの恋愛映画に出演されていますが、この作品を通して伝えたいことは?

小松:大切な人とか恋人、家族といつも一緒にいると当たり前になってしまうことってあると思うんです。それって幸せなことなのですが、この映画を見てもらうと、何気ないことでも、一緒にいる瞬間が、とても大事なものだと実感できると思います。

福士:限られた時間の中で、愛する人とどう向き合うかというのが今回のテーマだと思うんです。愛する人の運命を受け入れられるかわかりませんが、それに対してしっかりした覚悟を持つことも内在しているのかなと感じました。

■うまく芝居しようという気持ちはない(福士・小松)

サムネイル
福士蒼汰&小松菜奈主演『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』12月17日公開


――お二人とも精力的にいろいろなジャンルの作品にチャレンジしている印象ですが、俳優として心掛けていることはありますか?

福士:一番のテーマは作品の想いを役者としてしっかり伝えることです。うまくお芝居しようとか、どう見せようとかはあまり考えていません。作品が伝えたいことを明確にして、どれだけその想いを自分が伝えられるか、一つのセリフや行動から、しっかり表現したいと思っています。

小松:私もうまく見せようとか、うまく泣かなきゃとか、きれいでいなきゃとか最初こそ意識していたのですが、いろいろな現場を経験させていただいて、そういう想いは一切なくなりました。現場にはまっさらなままでいって、監督の色や、お芝居をする相手によって染まれるような柔軟性を持つことを大切にしています。

――2016年も終盤ですが振り返ってみていかがでしたか?

福士:ためる年でした。いろいろな現場を経験して、来年、再来年公開になる映画が多いので、自分のスキルをためていろいろインプットできた年かなと思います。すごいアクションを経験できた現場や、成島組(『ちょっと今から仕事やめてくる』)にも参加できました。いつもの自分とは違う表現ができたと思うので、2017年はどんな評価を受けるのか不安もありますが、楽しみです。

小松:去年は映画が終わると次の映画に入って......の繰り返しで苦しいと思ってしまったことがあったんです。今年、撮影自体はあまりなく、改めて自分を見つめ直す時間もあり、プライベートも充実できました。また今年はモデルの仕事で海外に行ったり、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』の撮影で1カ月半台湾に行ったりしたのですが、すごく刺激的で、吸収したこともたくさんありました。来年はまた新たな気持ちで頑張りたいと思います。

――座右の銘をお聞かせください。

福士:僕は持たないようにしているんです。もしそれが否定されたときに、うまく立ち回れなくなるかもしれない。どんな状況になってもスッと入れるような人でいたいです。自分の色を持たないことが自分なのかなと思います。

小松:私は「温故知新」という言葉が好きです。いろいろな作品を経て、新たに挑戦する気持ちや好奇心を持つことって大事だなって思います。同じことをやっても意味がないので、たくさん経験して、自分らしい新たな道を切り開いていければと思っています。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』劇場予告編1 >>


『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』劇場予告編2 >>


back number 「ハッピーエンド」ミュージックビデオ>>


(取材・文:磯部正和 撮影:中村好伸)
----------------------------
福士蒼汰(ふくしそうた)
1993年5月30日生まれ。東京都出身。
[主な出演作]
『図書館戦争』『江ノ島プリズム』(13)、「あまちゃん」(13・NHK)、『好きっていいなよ。』『イン・ザ・ヒーロー』『神さまの言うとおり』(14)、『ストロボ・エッジ』(15)、『図書館戦争 THE LAST MISSION』(15)、『ちょっと今から仕事やめてくる』(17予定)、『曇天に笑う』『BLEACH』(18予定)など。

小松菜奈(こまつなな)
1996年2月16日生まれ。山梨県出身。
[主な出演作]
『渇き。』『近キョリ恋愛』(14)、『予告犯』『バクマン。』(15)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』『ヒーローマニア -生活-』『ディストラクション・ベイビーズ』『溺れるナイフ』(16)、『沈黙 -サイレンス-』『ジョジョの奇妙な冒険』(17予定)など。
座右の銘は「温故知新」。
-------------------------

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ