ここから本文です

 子ども向け無料動画「GYAO!KIDS」で好評配信中の「ねば~る君のねばねばTV」は、茨城県非公認ご当地キャラとして「納豆」と、そのふるさと「茨城」、そして「世界中の子どもたち」を応援する納豆の妖精「ねば~る君」が局長を務め、大人から子どもまで誰もが楽しめて学べる番組だ。

サムネイル

「ねば~る君のねばねばTV」は子ども向け無料動画「GYAO!KIDS」で好評配信中


子ども向け無料動画アプリ「GYAO!KIDS」ダウンロードページ>>

 そんな子どもたちに大人気の「ねば~る君」が「ねばねばTV」収録イベントのあと、単独インタビューに応じてくれた!「いつもゆるくてふざけている」と本人は言うが、実はとっても熱~い心を持った、納豆の妖精だった!

サムネイル
「ねば~る君」が単独インタビューに応じてくれた!


ねば~る君が盛り上げた、「Yahoo! ファミリーデー2016」の様子はこちら>>

■納豆が嫌いな子も大好きになって帰っていく!

――「ねばねばTV」の収録は、子どもたちも大喜びで大盛況でしたね。

ねば~る君: みんなが喜んでくれたネバだから、ねば~る君もうれしいネバ?。

――イベントに来ていたお子さんは、みんな「納豆大好き!」って言っていましたね。

ねば~る君: 「納豆大好き!」って言うとねば~る君が伸び~るネバだから、面白がって、納豆が嫌いな子も「納豆大好き!」って言うネバよ。その後「家に帰って本当に納豆を食べるようになりました」って連絡がくることがよくあるネバ。すごくいいことネバねぇ。

――日本全国で納豆を広めているようですね。

ねば~る君: 納豆を広めるイベント活動をしてるネバだし、「GYAO!KIDS」さんや「YouTube」さんで「ねばねばTV」をやっているネバ。「ねばねばTV」はアニメ番組や工作や雑学を教える「のびる塾」、ねば?る君のオリジナル作品の「絵本の読み聞かせ」をやっているネバ。あとはテレビにも出してもらっているネバね。そんな活動を見て「納豆好きになったよ」って言ってくれたりすると、ねっちゃねちゃうれしいネバね。


■「ねばねばTV」を見て楽しく学んでいってほしい!

サムネイル
ねば~る君が盛り上げた、「Yahoo! ファミリーデー2016」での登場シーン


――「ねばねばTV」はどんな思いで放送しているのですか?

ねば~る君: ねば~る君はこんな感じでゆるくてふざけているように見えるネバだから、ねば~る君に興味を持ってくれている人たちは、少なからずユーモアが好きだと思うネバね。何事も興味を抱くものって楽しいと感じているものだと思うネバだから、楽しく学んでいってもらえたらいいなって思うネバ。

――教育問題にも関心があるとお聞きしました。

ねば~る君: ねば~る君のことを応援してくれる人たちって子どもたちがねっちゃねちゃ多いネバね。そんな子どもたちにねば~る君ができることって、楽しくいろいろなことを学んで伸び~てもらうことだと思って「ねばねばTV」を始めたネバよ。

――どんなことを学んでほしいのですか?

ねば~る君: 勉強ってかたいイメージがあるネバよね。そうすると、学ぶこととかも、嫌いになっちゃったりすることがあるネバだけど、本当は学ぶことって楽しいことネバだし、楽しいことってすいすい簡単に学べたりするネバよね。「ねばねばTV」では、その学ぶ楽しさを伝えられたらいいなって思ってるネバ。

■納豆が苦手な人は、バニラアイスに納豆を混ぜて、黒蜜ときなこをつけると、めっちゃおいしいネバ

――納豆と言えば、とっても栄養価の高い食べ物ですが、食育についてはどう考えていますか?

ねば~る君: ねば~る君は納豆ネバだから、納豆を好きになってもらいたいネバね。やっぱり納豆苦手な子はたくさんいるネバ。それを無理やり食べさせちゃうと、もっと嫌いになったりトラウマになっちゃうネバだけど、好きなものと上手に組み合わせて食べさせてみると、今のところ100%みんな納豆を好きになってくれるネバ。

――苦手な人へのオススメの納豆レシピはありますか?

ねば~る君: バニラアイスに納豆を混ぜて、黒蜜ときなこをつけると、めっちゃおいしいネバよ~。納豆の香りが消えるし、粘りが嫌いな子も、アイスクリームが伸び~るので楽しいネバ。みんな楽しみながら食べられるようになったネバ。

■トランプ大統領に会って大豆の安全性を訴えたい!

サムネイル
「ねば~る君のねばねばTV」は子ども向け無料動画「GYAO!KIDS」で好評配信中


――2016年は大活躍でしたね。印象に残っている出来事や出会いはありましたか?

ねば~る君: この間番組で「嵐」さんたちにあったんだけれど、オーラが違うなって思いましたネバ。あとは、いつもイベントに来てくれてる子どもたちネバ。みんな素直ですてきだなって感じるネバ。

――いろいろな人に会っていると思いますが、今後会ってみたい人は?

ねば~る君: アメリカのトランプさんネバね。この間「ねばねばTV」で電話したネバよ。

――もし会ったら何を伝えたいですか?

ねば~る君: やっぱり大豆の輸入について、安全な大豆を送ってほしいということをまず言うネバね。あとは一緒に世界平和を目指していきましょうということを伝えるネバ。

――世界という言葉が良く出てきますが、世界進出は?

ねば~る君: 納豆はもっと世界に出てもいいと思っているネバ。だって納豆ってとってもおいしくて健康的だし、とても安いネバよ。でもねば~る君は、世界進出は考えてないネバ。必要とされるならどこへでも行くネバだけど、基本的に海外はテロ対策とか物騒だから、ねば~る君が行くと「なんか変なもの持ち込んでるんじゃないか」って言われて大変になるネバよ。

■都道府県魅力度ランキング、ライバルは栃木県!

――ねば~る君のおかげで茨城県は非常に注目されるようになりましたが、今後もより積極的に活動をしていくのでしょうか?

ねば~る君: 茨城県は(全国都道府県別)魅力度ランキングで最下位ということで、よくテレビにも出させてもらっているネバよ。だから中途半端に頑張って下から2、3番目とかになると、茨城県が世に出る機会が減っちゃうネバね。栃木県が迫ってきているので、危ないネバよ。

――ねば~る君の「ペンワラナットーナットーペン」がすごい話題になっているって聞きました。

ねば~る君: あれぐらいでは魅力度が上がらないネバだからダイズぶ! でもこの間、くまモンさんが来て一緒にPWNPをやってくれたネバ。

――ピコ太郎さんの「ペンパイナッポーアッポーペン」を見て思いついたんですか?

ねば~る君: 思いついてすぐ「ねばねばTV」で撮って、ピコ太郎さんにツイートしたネバ。そうしたら古坂大魔王さんから返事がきたネバよ。なんでだろう、まるで同一人物みたいネバねぇ。

――2017年の抱負は?

ねば~る君: 「GYAO!KIDS」さんや「YouTube」さんに配信してもらっている「ねばねばTV」の可能性をいろいろな形で広げていきたいネバ。そして見てくれた子どもたちが伸び~てくれたらうれしいネバ。

――座右の銘はありますか?

ねば~る君: 「ネバーギブアップ」ネバ~!ねば~る君は、いろんなところでしょっちゅうたたかれているけれど、そんなの気にしないネバよ。ネバーギブアップネバね!

(取材・文・撮影:磯部正和)

サムネイル
「ねば~る君のねばねばTV」は子ども向け無料動画「GYAO!KIDS」で好評配信中


------------------
ねば~る君(ねば~るくん)
7月10日(なっとう)生まれ、茨城県出身。「納豆」とそのふるさと「茨城」そして世界中の「子どもたち」を応援するために この世に生まれた納豆の妖精。座右の銘は「ネバーギブアップ」
------------------

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ