ここから本文です

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公・碇シンジ役で知られる声優・緒方恵美が、大ヒット放送中のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)の12月18日に放送されるダイジェスト特番のナレーションに起用されたことがわかった。「逃げ恥」は第4話で『新世紀エヴァンゲリオン』のパロディーを行っており、その縁から生まれたキャスティングのようだ。

サムネイル

星野源, 新垣結衣, Oct 04, 2016 : 都内にて行われたテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の出演者舞台挨拶および第1話の試写会(写真:MANTAN/アフロ)


「逃げるは恥だが役に立つ」最新話を無料配信中>>

「逃げ恥」は、職ナシ彼氏ナシの主人公・みくり(新垣結衣)と恋愛経験ナシの独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)の"契約結婚"を描いた社会派ラブコメディーで、人気番組のパロディーなど遊び心ある演出も話題になっている。11月1日放送の第4話では、大文字での字幕やBGMの他、みくりの大学時代の恋人の名前が"シンジくん"だったりと、『新世紀エヴァンゲリオン』を彷彿(ほうふつ)させる演出を連発。

番組を視聴していた緒方も「...そうか、、、大学三年まで生き延びられれば、僕は、ガッキーとつきあえるのか、、、」とシンジになりきってツイートして盛り上がっていた。

しかし、「逃げ恥」と緒方の縁はそこで終わりではなかった! 12月15日16時頃に「突然降って湧いてきた仕事に、動揺が隠せない、、、『今日の今日』なんてオファーは久しぶりだけど、そんな今日は夜まで詰まっていたけど、なんとかしてーーーとマネージャーに頼んでしまいました」と意味深長にツイートしていた緒方だが、同日夜に「逃げ恥」ダイジェスト放送のナレーションに起用されたことを発表した。

ベテラン声優といえど、大のドラマ好きで「逃げ恥」も視聴している緒方にとって、今回の仕事は非常に感慨深いものだったらしい。「...久々に震えたよ...。初めての方に伝わるように、逃げ恥愛が溢れ出しすぎないよう、でも愛をこめてがんばったよ...」とうれしげにつづっている。

緒方がナレーションを担当したスペシャルダイジェスト、「『逃げるは恥だが役に立つ』1話から10話一挙見!最終回もまだ間に合うSP」は、12月18日の14時~15時30分にTBS系にて放送。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ