ここから本文です

大ブレーク中のタレント・りゅうちぇるの"美人姉"として、こちらもメディア露出を増やしているシンガーソングライターの比花知春。あのりゅうちぇるの姉というだけでかなりのインパクトだが、実はダンスボーカルグループ・SPEEDの上原多香子が親友なんだとか。しかもSPEEDのメンバー候補でもあったようで......?

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 シンガーソングライターの比花知春)


姉が語るりゅうちぇるの幼少期>>



■りゅうちぇるのチークの濃さで"家族会議"になった

「弟のりゅうの露出が増えてからは、やっぱり"比花知春"って名前の前に"りゅうちぇるの実姉"って紹介がくることのほうがグッと多くなりました(笑)。顔が似てるって言われることはあるんですけど、性格はそこまで似てないかな。私たちは5人兄弟で、上から姉、私、弟、妹、りゅうの順番なんですけど、性格はみんなバラバラですからね。もうひとりの弟なんて、りゅうとは真逆で口数が少ない硬派な人間ですし。

でもみんなすごく仲が良いんです。私とりゅうなんか、よく女子トークみたいな会話ばかりしています(笑)。『今日の知春のメイクかわいい!』とか、『このアイメイクどうやったの?』『あのパック使ったことある?』みたいな。りゅうは私よりも美意識が高いし、恋愛のお話とかも好きな子なので、話のネタが尽きることがなくずっとしゃべってます。そういえば、昔よく私たち兄弟は末っ子のりゅうで遊んでいて、かわいい服を着せたりウィッグ被せたりしてたんですよね。それが今のりゅうのセンスにつながってたりもするのかな(笑)。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 シンガーソングライターの比花知春)


でも最初にテレビでりゅうを見たときは驚きました。それまで家族が知ってたのは、東京に出てからアパレルの仕事をしてるってことだけだったので、まさかあんな風になってると思わなくて。写真もちょこちょこ見てはいたんですけど、そのときは普通の格好をしていましたし。まぁ『ちょっとチークが濃いかな?』って思って家族会議が始まったことはありましたけど(笑)。『ちょっとアレ注意したほうがよくない?』って。でもいざ本人に言ったら、『今自分の思い描いているビジョンがあるから』って長文のLINEで熱意を語られちゃいました。あの頃からもう、りゅうの中では今のスタイルが出来上がってたんでしょうね」

■SPEEDの前身グループに所属していた

りゅうちぇるの姉はSPEEDメンバーだった?!>>


「そもそも芸能活動を始めたのは、りゅうより私のほうがずっと先なんです。11歳のときにたまたま見たミュージカルに引き込まれたのがきっかけで、ママが沖縄アクターズスクールに入れてくれました。当時はSPEEDのメンバーもいて、SPEEDの前身となったBRAND NEW KIDSっていうグループがあったんですけど、実は私もそこに入ってたんです。養成所にいっぱいいるメンバーの中から選抜のような感じで7人が選ばれたんですけど、当時はそのメンバー同士でよく遊んでいました。

でも、さらにそこから選抜された4人でSPEEDを結成することになって、私はそこには入れませんでした。当時はまだ幼かったので、悔しさとかはよくわかってなかったんですけどね(笑)。でもその頃のメンバーは幼馴(な)染に近い感じなので、多香子とかは今でも会ったりしています。

なので私もそのときはガンガン踊ってたりしたんですけど、しばらくして別の事務所に移って、そちらの社長さんに『あなたは声が変わってるから音楽をやったほうがいい』って言われたのをきっかけにシンガーソングライターになることにしたんです。うちの家族はみんな歌がうまいんですけど、その中で私はよく音痴扱いされていたので、自分の声にコンプレックスがあるくらいだったんです。でもそのときに社長に声を褒められて、『もっと褒めてもらいたい。一生懸命音楽やってみよう』って思ったんですよね」

■りゅうちぇる効果で客層が変わった!?

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 シンガーソングライターの比花知春)


「ここ1年でりゅうが注目されたことによって、やっぱり私の周りも結構変わりました。最初にも言った通り"りゅうちぇるの実姉"って言われることが多くなりましたし、そのおかげで、これまで私と同い年か少し上の年代くらいのお客さんが多かったライブに、若い子も来てくれることが多くなりました。幼稚園児のお子さんまで連れて来られる方もいて、りゅうがきっかけだとしても、やっぱり多くの人に知ってもらえたっていうのはうれしいです。

私の存在を知ってもらえる"とっかかり"みたいなものは、りゅうが作ってくれたので、あとはこの後私がどうやっていくかなのかなって。せっかくのチャンスを無駄にしないように、今はこの流れにうまく乗っからせていただこうかなと思っています(笑)」

まさかりゅうちぇるの姉というだけでなく、SPEEDのメンバー候補でもあったとは......。そして比花の楽曲を聞いてみると、確かに耳なじみの良いメロディに乗せて、優しくも独特な歌声で伸び伸びと歌っているものが多く、その楽曲も一度聞いたら癖になってしまいそうだ。"美人姉"の歌声、まだ聞いたことがないという人はぜひ一度聞いてみよう。

姉が語るりゅうちぇるの倹約家な一面>>


SPEEDの同期メンバーが海外で活躍中>>


その他の出演番組>>

・りゅうちぇるの彼女ぺこへの家族の反応
・沖縄から上京したアイドルの苦労とは?
・りゅうちぇるTV初登場時の家族の反応
・りゅうちぇるのブレイクで姉の仕事に変化が

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 シンガーソングライターの比花知春)


◆比花知春
7月12日生まれ。沖縄県出身。2002年に「君を忘れない」でメジャーデビュー。もともとはCHIHARUの名前で活動しており、2009年に活動拠点を福岡に移すとともに、現在の「比花知春」に改名。音楽活動以外に、ラジオパーソナリティやタレントとしても活動を行っている。座右の銘は「笑う門には福来る」。

(取材・文/木村彩乃@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ