ここから本文です

若い世代が感じる特有の息苦しさに寄り添う歌「ミカヅキ」でデビューを飾ったシンガーソングライターのさユり。12月7日にリリースされる4thシングル「フラレガイガール」は、RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が楽曲提供・プロデュースを手掛けている。14歳のさユりに、大きな衝撃を与えていたという野田とのコラボレーションは、さユりの新境地をどう開いたのか?

サムネイル

12月7日リリース さユり「フラレガイガール」 RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が楽曲提供・プロデュース


さユり「フラレガイガール」無料配信中 / RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が楽曲提供・プロデュース>>


■偶然の出会いから生まれた新曲

「RADWIMPSの野田(洋次郎)さんと初めてお会いしたのは、去年の12月頃です。私がレコーディングをしていたときに、たまたま隣のブースに野田さんがいらっしゃったんです。私は中学生の頃からRADWIMPSのファンだったので、自分のデビューシングル『ミカヅキ』を渡しました。その後、野田さんから『今作ってる曲に合う女性ボーカルを探しているんだけど』とお声掛けいただけて、『フラレガイガール』の楽曲提供とプロデュースをしてもらうことになったんです」

「野田さんは『フラレガイガール』の楽曲がほぼ完成した後も、歌詞の言い回しなども細かく気にかけてくださいました。作品をより良くするために、野田さんはすごくフランクに私と接してくださったので、うれしかったです。自分が歌うならもっと"振られがいがあるような感じにしたい"とか、"悲しいけど前向きな要素を歌いたい"という私の思いも曲に込められています。」

「ボーカルをレコーディングするときも、楽曲そのものがカッコいい世界としてできあがっていたので、そこへ導かれるような気持ちでのびのび歌えました。自作の曲を歌うときは、実際に沸き起こった思いが込められているので、自分の熱量に捉われ過ぎちゃうことがあるんです。野田さんに作っていただいた『フラレガイガール』は、歌の登場人物に潜り込むような感覚で歌えました」

■さユりと野田洋次郎にとっての"曲作り"とは?

サムネイル
12月7日リリース さユり「フラレガイガール」 RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が楽曲提供・プロデュース


「当時、RADWIMPSを聞くまではJ-POPを中心に音楽を聞いていたんですけど、たまたまネットで『有心論』の歌詞を見つけて、こんなの見たことない!と、そこから好きになりました。新しい価値観を14歳の私に提示してくれて、私の世界がすごく広がった感覚があったし、人生の哲学的なことも教わりました」

「そのRADWIMPSの野田さんと一緒にレコーディングをやってみて、野田さんと私は曲作りの姿勢が似ているなと思いました。私が野田さんの影響を受けていたのかもしれないんですけど、野田さんは"曲を作ることは自分を知る作業"とおっしゃっていて、私にとっても自分の気持ちを確かめたり探したり、知っていく作業だという感覚が強いです」

「私が曲作りをするときはメロディーから作らずに、ギターを弾きながら自分の心の中のグチャっとした歪(ゆが)みに引っかかっていく音を、メロディーとしてどんどん捕まえていくような感覚です。私にとってギターは自分の感情を乗せやすいし、感情の振れ幅を表現するには適している楽器なのかなと思っています。」

■さユり史上一番のメッセージソング?

さユり作詞作曲 メッセージソング「アノニマス」を無料配信>>


「カップリング曲の『アノニマス』は、今までで一番他者に向けて歌っています。ファンの子から『なんで学校行かなきゃいけないの?』『なんのために生きているの?』と聞かれたりするんですけど、それは純粋な疑問だけではなくて、『息苦しいんです』というメッセージが隠されているように感じています。毎日を楽しく過ごしていたら、そんな疑問を持たないと思うんです。きっと私と同じように、生きていることに息苦しさを感じているのかなと。私が街の中で感じる息苦しさこそが、社会と自分の共通点なのかもしれないという発見もあって、そこから自分がなりたいイメージや、他の人へこんな思いをどうやってメッセージとして伝えていったらいいのかと膨らませて完成した曲が『アノニマス』です」

「サビの部分の"応答してよ"という歌詞は、私も"誰かとつながりたい"という思いを少しずつメッセージとして発信することができました。もともとこの曲のモチーフは2年前くらいからあって、最初は自分の殻の中に閉じこもった歌だったんです。以前は物事に対して"自分は足りないところがあるからやめておこう"というマイナスな気持ちが強かったんですが、外へ出てみると不揃(ぞろ)いな自分なりに出会えるものがあるんだと思えるようになりました。音楽を作りはじめた頃から歌うことに対しての根本的なマインドは変わらないけれど、デビューして自分の歌を聴いてくれる人や出会う人が増えたことで、少しずつ自分も変わってきているんだと思います」

「曲ができた瞬間は自分のことが好きだと思えるんですけど(笑)、自分のことを嫌いな自分もまだまだいます。1人で殻に閉じこもっていたら、それなりにきれいに自己完結していたと思うんですけど、音楽活動を通してたくさんの人たちと出会うことによって、自分のことが好きな気持ちも嫌いな気持ちも、両方の感情が大きく膨らんでいっています」

■さらなる飛躍の準備も万端

「特に最近は、自分が歌うことそのものが人間関係や学校生活などで苦しんでいる子たちへの光や答えになれたらいいなと思うようになりました。アーティスト活動を行う中で、私が世の中に残せることは何なのかと考えながら、歌い続けていきたいです」

「路上ライブをやるときは、アニメの主題歌を担当した影響もあるからか、外国人の方も聴いてくれたりするんです。『言葉の意味は全然わからないけれど、涙が出てくる』と言われたときは、嬉しくてこちらも涙が出そうになりました。自分の歌は歌詞の意味がわからない人には届かないと思い込んでいたので、お客さんに自分の歌の想定外な聴き方を教わりました。自分のことを出来損ないと思って生きてきたけど(笑)、私がやっていることは間違ってないんだなと思えたりもしました」

「今回のシングルのように、大ファンだった野田さんにプロデュースしてもらえるなんて、音楽を作りはじめたころの自分では夢にも思っていませんでした。今後もさらに自分の想像を飛び越えて、どんどん新しいことに挑戦していきたいです。」


サムネイル
12月7日リリース さユり「フラレガイガール」 RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が楽曲提供・プロデュース


サムネイル
12月7日リリース さユり「フラレガイガール」 RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎が楽曲提供・プロデュース


◆さユり
アコギをかき鳴らしながら歌う、20歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。人と違う感性・価値観に優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く"酸欠世代"の象徴="酸欠少女"として、同世代の心を掴(つか)んでいる。フジテレビ系"ノイタミナ"アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」ED「ミカヅキ」で2015年8月にメジャーデビュー。いきなりヒットを飛ばし、同じく"ノイタミナ"アニメの「僕だけがいない街」ED「それは小さな光のような」をリリース。オリコンデイリー7位、iTunesトップシングル総合チャート最高3位と立て続けにヒットした。今後の活動に目が離せない新次元のアーティストである。「COUNTDOWN JAPAN 16/17」に出演。(さユりの出演は12月29日)
<座右の銘>成るように成る

(取材・文/岩木理恵@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ