ここから本文です

お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、相方である井上裕介が起こしたタクシーへの接触事故について、ブログであらためて謝罪した。また、井上から連日LINEでメッセージを送られていることを明かした。

サムネイル

石田明/Akira Ishida(ノンスタイル/NON STYLE), Feb 14, 2015 : 東京ランウェイのシークレットゲストとして登場(写真:MANTAN/アフロ)


石田は12月20日、「この度は申し訳ございませんでした」とブログを更新。事故の被害者や仕事関係者、ファンたちにあらためて謝罪し、「これから当分の間、1人で精進いたしますので、よろしくお願いします」とつづった。

石田と井上は、中学生のときからの長い付き合い。石田は、「美談とかでもなんでもなく、おれの人生から井上引っこ抜いたらおれの人生なんかペラッペラなんですよ」「例えば、おれがこの先どんだけ美味い飯食っても、その時井上がまずい飯食ってたら後味まずいんすよ。どこのコンビもそんなもんなんじゃないですかね」と相方への愛情を明かす。

一方で、「でも正直、中学の頃から井上のことはずっと嫌いです。自己中だし、ガサツだし、『出来る奴』って思われたくて必死だし、言い訳ばっかりだし、『がんばってる』って口に出しちゃうし、ポジティブなんて思ったこと1回もないし、綺麗ごとばっかりだし、優劣めっちゃつけるし、『リスペクトしてる』って軽々しく言うだけで態度最悪だし、機嫌悪いと漫才で手抜くし。うん、最後のが1番嫌い。今回の事でまた嫌いになりました」と照れ隠しのようにつづった。

もともと連絡を取り合うことは少なかったが、「今は毎日のようにLINEが来ます。正直うざいです」とのこと。石田は、「このうざいLINEが終わることだけを楽しみに、僕は1人でがんばります。応援のほどよろしくお願いします」と呼びかけた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ