ここから本文です

TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終話が12月20日に放送された。藤井隆演じる日野秀司の妻役として乙葉がサプライズ出演するなど、最後まで視聴者を驚かせた。

サムネイル

テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」, Oct 04, 2016 : 大谷亮平, 星野源, 新垣結衣, 石田ゆり子, (写真:MANTAN/アフロ)


「逃げるは恥だが役に立つ」最新話を無料配信中>>


「逃げ恥」は、職ナシ彼氏ナシの主人公・みくり(新垣結衣)と恋愛経験ナシの独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)の"契約結婚"を描いた社会派ラブコメディー。12月13日に放送された第10話は、平匡のプロポーズをみくりが「愛情の搾取」とバッサリ切るシーンで終わったが、最終話となる第11話で、2人が出した結論とは――?

同ドラマで藤井隆は、平匡の同僚である日野秀司役を演じている。家庭第一の妻子持ちというキャラクターなのだが、最終話でついに"妻"が登場。なんと現実に藤井と結婚している乙葉が妻役で出演した。

藤井が放送前に「訳あって、実はすごく緊張してます」と意味深長にツイートしていたのは、こういうことだったのか......! まさかの夫婦共演に、Twitter上も大盛り上がり。Twitterのトレンドランキングには、「乙葉」や「リアル夫婦」といった関連ワードが軒並みランクインした。脚本家の野木亜紀子氏はTwitterで、「乙葉さん、トレンド入り。無理言って出てもらいました。出演してくださりありがとうございました!!」と乙葉に感謝を述べている。

また、最終話では、NHK大河ドラマ「真田丸」のパロディも話題をよんだ。ナレーションなどの演出に加えて、音楽も「真田丸」の音楽を使用。星野源が「真田丸」にも出演していたことから生まれたアイデアなのか、とにかく「真田丸」ファンまで喜ぶ最終話となった。

なお、第11話の平均視聴率は20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初の大台を突破した。最後まで視聴者を驚かせてくれるドラマだっただけに、Twitter上では、"逃げ恥ロス"に苦しむ声が続出している。続編を望むファンも多いようだが、果たして......。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ