ここから本文です

AKB48グループ初代総監督・高橋みなみが、ついに卒業――。他にもNMB48・渡辺美優紀、AKB48・島崎遥香、AKB48・小嶋陽菜といった人気メンバーがグループを去る一方、HKT48・指原莉乃は選抜総選挙で史上初の連覇を果たして、ますます絶好調だ。

サムネイル

高橋みなみ/Minami Takahashi, Apr 08, 2016 :AKB48劇場で行われた卒業公演後に開かれた会見(写真:MANTAN/アフロ )


これを見れば2016年のAKB48グループを振り返ることができる!? 重大ニュースをまとめた。

■グループの大黒柱、高橋みなみが卒業

AKB48グループ初代総監督・高橋みなみは、自身の25歳の誕生日でもある4月8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた卒業公演をもってグループを卒業した。

高橋は2005年、AKB48に1期生として加入。小柄な体ながら、抜群のリーダーシップと、メンバー内でも有数の歌唱力で、グループを長年引っ張ってきた。卒業後はアーティスト活動を本格的にスタートさせて、10月12日にはソロファーストアルバム『愛してもいいですか?』を発売。カリスマが去った後のグループを、新総監督であるAKB48・横山由依がどうまとめていくかも注目だ。

■卒業の渡辺美優紀、芸能界引退も示唆

"みるきー"ことNMB48・渡辺美優紀は8月に卒業。山本彩とは"さやみるきー"としてデビュー当初からツートップを張ってきただけに、深い思いがあるらしい。4月の卒業発表の際に山本のことを「友達みたいな関係になれなかったけど、今まで出会った中で一番の運命の人」と評していた。

SNSの更新は続けているが、今後の活動については不明。卒業後の8月21日に出席したイベントでは、「可能性はあります」と芸能界引退も示唆していた。

■指原莉乃、史上初の総選挙連覇

HKT48・指原莉乃が、今年も行われた「AKB48選抜総選挙」(6月18日開票)において、史上初の連覇を達成。2位のAKB48・渡辺麻友に約7万票の大差をつけて、史上最多の24万3,011票を獲得した。

スピーチでは、「どうか私を1位と認めてください」とアイドルとしては異質な存在である自身を応援するファンに感謝を述べて感動させた。ちなみに連覇の公約として「1位になったらダチョウ倶楽部に弟子入りして"熱湯コマーシャル"をやりたい」と宣言していたが、まだ実現していない。

■"卒業詐欺"続けていた小嶋陽菜も......

6月18日にHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催された「AKB48選抜総選挙」開票イベントで、1期生であるAKB48・小嶋陽菜がついに卒業を発表。近年は"卒業しそうでしない"を自らネタにしていただけに、発表時はファンも反応に迷ったらしく、逆に小嶋が「『えー!?』の声が小さい!」とイジる場面も。和やかなムードでの卒業発表となった。

卒業コンサートは2017年2月22日に国立代々木競技場第一体育館にて開催予定。なお、小嶋の卒業後は、AKB48の1期生は峯岸みなみだけとなる。

■島崎遥香、"塩対応"とは真逆のラストシングル!?

10月3日、"ぱるる"ことAKB48・島崎遥香が2016年いっぱいでの卒業を発表した。ファンや共演者へのクールな態度"塩対応"で知られる彼女だが、自身がセンターを務める卒業シングル「ハイテンション」(11月16日リリース)では、タイトル通りノリノリの姿を見せた。

卒業後は本格的に女優の道を歩むとみられており、2017年1月14日よりスタートする日本テレビ系ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」への出演が決定している。

■グループ随一の"オヤジ"が初センター勝ち取る

10月10日に開催された「AKB48グループじゃんけん大会2016」では、AKB48・田名部生来が優勝して初センターを勝ち取った。選抜総選挙でランクインしたのは2014年の71位のみの田名部だが(2015年からは不出馬)、酒好き、相撲好き、懐かしアニメ好きの"オヤジ"キャラで、AKB48ファンなら知らない者はいない存在感を発揮している。

田名部は2006年、AKB48に加入。苦節10年、自分だけのポジションを築いてきた異色アイドルが、ついにスポットライトを浴びることとなった。田名部がセンターを務めるシングル「逆さ坂」は12月21日にリリース。

■前代未聞の紅白総選挙!?

2016年大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」には、国内グループのうちAKB48だけが出場することが決定。しかし、姉妹グループの人気メンバーにもチャンスを与えたいということか、出場メンバーを投票で決める「AKB48 夢の紅白選抜」を実施することになった。

視聴者投票の結果により、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48の国内グループ総勢300人以上の中から出場メンバー48人が選抜される。今回の盛り上がり次第では、毎年恒例の企画になりそうだ。

■瀬戸内海が舞台のSTU48誕生!

他にも2016年は、船上劇場を拠点とするSTU48(瀬戸内48)が2017年夏に誕生するという発表、元AKB48・川栄李奈の「卒業生で一番の成功者」と言われるほどの女優としての活躍、AKB48の16期生19人のお披露目(AKB・武藤十夢の実妹である武藤小麟が加入してAKB48初の姉妹メンバーが誕生した)といったニュースがあった。

高橋みなみを始めとした人気メンバーの卒業、国内グループではAKB48のみの出場となった紅白など、少々勢いに陰りも見えてきたAKBグループ。しかし、STU48の結成などアッと驚かせる発表もあった。2017年はどんなサプライズが待っているのか、やはりAKB48グループからは目が離せない。

(文/齋藤徹@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ