ここから本文です

不倫スキャンダルに注目が集まった2016年の芸能界だが、音楽面ではうれしいニュースが多かった年だったかもしれない。人間活動のためアーティスト活動を無期限休止していた宇多田ヒカルの復帰を始めとして、他にもTHE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)や大黒摩季、道重さゆみ......。2016年は多くのアーティストが"活動再開"を発表した。

サムネイル

宇多田ヒカル/Hikaru Utada, Nov 21, 2010(写真:MANTAN/アフロ)


こんなアーティストたちの活躍がまた楽しめる! 2016年に活動再開した主なアーティストをまとめた。

■THE YELLOW MONKEY

"イエモン"ことロックバンド・THE YELLOW MONKEYは、2001年に活動休止状態となり、2004年に正式に解散した。しかし申年である2016年1月8日、活動再開を発表。5月から久々の全国ツアーを開始した。また、大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」にも初出場して代表曲「JAM」を披露する予定。

■宇多田ヒカル

2010年より人間活動のために活動休止し、その間に母である藤圭子の死、イタリア人男性との再婚と第1子男児出産を経た宇多田が、4月4日に満を持して活動再開。9月28日には、約8年半ぶりのアルバム『Fantome(ファントーム、正式表記で"o"はサーカムフレックス付き)』をリリースしたが、国内でも売上好調なのに加えて、世界各国のiTunesアルバム総合ランキングでも上位を獲得。なんとアメリカでは3位にランクインして、日本人女性ソロアーティスト初の記録を樹立し、再開後いきなり日本の音楽史に残る快挙を遂げた。

■森山直太朗

昨年9月末から「生活を一度見つめなおす」として"活動小休止"に入っていた森山直太朗は、4月20日に「帰ってまいりました」と活動再開を発表。6月1日には、約1年半ぶりのアルバム『嗚呼』をさっそくリリース。さらに9月21日には、15周年を記念するオールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリースして、一層精力的に活動している。

■アンジェラ・アキ

2014年秋から米留学のため活動休止していたアンジェラ・アキは5月、留学を終えたことをFacebookで報告。「学校に通うのはこれで終わりにして、音楽制作を始めようかな」と活動再開の意向を示して、さらに6月には東京ディズニーシーの新ミュージカルショー「アウト・オブ・シャドウランド」の楽曲の作詞に携わったことが発表された。ステージ復帰も遠い日ではなさそうだ。

■大黒摩季

2010年8月に子宮疾患の治療に専念するため無期限の活動休止に入った大黒摩季も、約5年10カ月ぶりにアーティスト活動を再開。8月13日に北海道で開催された音楽イベントへの出演をもって復帰した。「"活動再開しました"というファンの方への"ご挨拶まわり"」として、来年2月からは久々の全国ツアーをスタートさせる。

■Hi-STANDARD

"活動再開"や"復帰"とは少し異なるかもしれないが、パンクバンド・Hi-STANDARD(ハイ・スタンダード)の16年半ぶりのシングルリリースも話題をよんだ。ライブ活動は行っていたものの、新シングルリリースは、2000年4月の「Love Is a Battlefield」からストップしていたHi-STANDARD。しかし、10月5日に"告知一切なしの電撃リリース"という形で、新シングル「Another Starting Line」を発売した。

■175R

青春パンクの代表的存在だったパンクバンド・175R(イナゴライダー)は2010年に活動休止したが、10月19日、6年ぶりに活動再開することを発表。12月よりライブイベントにも続けて出演しており、過去の代表曲も再レコーディングして配信。書き下ろしの新曲「これから」も配信スタートして、来年4月にはワンマンライブを開催することも決定している。

■道重さゆみ

2014年11月26日にモーニング娘。を卒業した道重さゆみは、そのまま無期限休養に入った。そこから続報はなく、ファンの間では引退説も浮上したが、10月2日に約2年ぶりにブログを更新。たわいもない内容だったが、それから更新は続き、ついに11月26日、来春ごろの活動再開を発表。「ライブとはまた違う、、新しい感覚のパフォーマンスを目指しています」とのことで、今後どういった形での芸能活動となるのか注目されている。

■中森明菜

2010年10月から疲労による免疫力低下で活動休止していた中森明菜は、2014年大みそかの「NHK紅白歌合戦」に米ニューヨークのレコーディングスタジオからの中継という形で出場したが、ステージからはしばらく離れていた。しかし、今年12月に全国7都市でディナーショーを開催して、約7年ぶりにファンの前で歌唱。再起を感じさせた。

■中島愛

アニメ『マクロスF』のランカ・リー役で一躍人気声優となった中島愛は、2014年3月末をもって本人名義での音楽活動を休止。その後、継続していた一部の仕事を除いて歌手・声優としての活動を休んでいたが、12月1日に本格復帰を発表した。12月11日には都内で復帰フリーライブを開催。来年2月15日には新シングル「ワタシノセカイ」をリリースする。

■マキシマム ザ ホルモン

ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンは、ドラマーのナヲの妊活のため、昨年6月よりライブ活動を休止していたが、ナヲが今年9月に第2子女児を無事出産。そして12月2日、ついにライブ活動を再開することが発表された。来年5月よりツアーを行うことが決定している。

■CHEMISTRY

男性ボーカルデュオ・CHEMISTRYは2012年、川畑要と堂珍嘉邦それぞれソロ活動に専念するとして活動休止。しかし、12月7日に活動再開が発表された。来年2月28日・3月1日と再始動ライブを開催する予定。デビュー15周年を迎えた頃から活動再開に向けて動き出していたそうで、新曲のリリースも予定している。

■元KAT-TUN田口もASKAも......

他にも3月でアイドルグループ・KAT-TUNを脱退してジャニーズ事務所も退所した田口淳之介は、11月2日にシングル「HERO」を発売して活動再開したが、KAT-TUNは充電期間中ということで、ファンの間では賛否両論が巻き起こった。ちなみに覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されるも不起訴処分となったミュージシャン・ASKAも、来年1月にアルバムを発売する予定だとブログで告知している。

活動休止期間を経て再び音楽の世界に帰ってきた彼らが、今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみでたまらない。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ