ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。12月24日の放送では、女優の奥山佳恵が登場しました。

★「有吉反省会」最新話を無料配信中>>


ただ下手なだけ? 奥山佳恵のホラー過ぎる料理の数々>>

サムネイル
有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Mar 21, 2013 : 4月スタートの新番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の会見に登場(写真:MANTAN/アフロ)


■「恐怖を感じる」「子供には見せられない」料理を作る奥山

映画『喜多郎の十五少女漂流記』主演など、90年代から数々の作品で女優として活躍している奥山。彼女は、「子供向け料理の連載を持っているにもかかわらず、その仕上がりがホラーすぎること」を反省します。

いったいどんな料理を作っているのかと見てみると、「炊飯器deカステラ」ではカステラを作るつもりが生地がボロボロになって途中からホットケーキに。さらに完成写真では、焦げた部分が妙に生々しい人の顔を模したホットケーキになってしまっています。ファンからは「恐怖を感じる」「子供には見せられない」と評判も散々。これを連載で披露しているんです。

そのほかプライベートの料理もブログなどで公開しているのですが、お手製プリンを耐熱ガラスではない容器で加熱し、器までトロトロにしてしまったり、カレーうどんでは汁をこぼしたままと、普通ならとても人に見せられないものを投稿しています。連載の担当者に話を聞くと、「連載108回なんですが、そのうち100回は失敗している」のだそうです。

■老舗料理店に弟子入りしてオムレツ修行!

スタジオでは、100回失敗していることに奥山は「なかなかの確率ですよね」とひとごとのよう。でも「真剣にやっているし、笑わせようとは思ってない」と力説。「私が失敗することで、皆さん頑張ってくださいというメッセージになっている」と、あまり気にしていないようです。汁をこぼしたままのカレーうどんについては、「私はうそをつかない。これが私の真実である」ということを伝えたいために、そのまま掲載したのだとか。

まあこういう"思い込み型"には、MCでお笑い芸人の有吉弘行もあまりツッコミません。その代わりに見届け人でお笑い芸人の大久保佳代子から、「ガサツさが顔に出ている」とキツイ指摘があると、有吉からも「昔から顔がガサツだった」と厳しいツッコミも入っていました。

そんな奥山への禊(みそぎ)は、「たいめいけん3代目に弟子入りしてふわふわオムレツを作る」。この模様も放送されます。ホラーじゃないオムレツを作ることができたのか。色黒チャラい3代目の言いたい放題さにも注目です。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ