ここから本文です

喜劇作家である三谷幸喜がおくる"笑いあり"のNHK大河ドラマ「真田丸」は、放送当初こそ賛否両論が巻き起こったものの、近年もっともヒットした大河ドラマとなった。全50回の期間平均視聴率は関東で16.6%(ビデオリサーチ調べ)と報じられている。

サムネイル

中川大志/Taishi Nakagawa, Nov 21, 2015 : 映画「通学シリーズ 通学途中」(川野浩司監督)が21日に公開(写真:MANTAN/アフロ)


毎週更新! NHK 大河ドラマ『真田丸』 5分でわかるダイジェスト映像>>

「真田丸」は、ダメながらも懸命に努力する徳川秀忠役の星野源、本人も「40年に1つの役」と語る真田昌幸役の草刈正雄、心に闇を抱えた豊臣秀吉役の小日向文世を始めとして、キャスティングの妙が光った。本作をきっかけに大ブレークを果たしそうな出演俳優を紹介したい。

■「家政婦のミタ」では初々しかった中川大志が......

一番の注目株が、秀吉の息子・豊臣秀頼役を演じた中川大志だろう。秀吉亡き後の弱体化した豊臣家を一身に背負う青年という難役を挑んだ中川は、なんと弱冠18歳。それでも出演作は多く、日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」というヒット作でも阿須田翔役で出演している。また、昨年はTBS系ドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」、フジテレビ系ドラマ「南くんの恋人~my little lover」で主演。両ドラマは、ほぼ同時期に放送されたにもかかわらず、前者はハレンチなコメディ、後者は胸キュンラブコメ。中川の役の幅の広さがわかるだろう。

「真田丸」では、母親の行き過ぎた愛情から生まれるプレッシャーや葛藤、成長を演技で表現した。内野聖陽演じる徳川家康と二条城で対面するシーンは、18歳の青年が演じるには大変だっただろう。なぜなら家康に危機感を覚えさせないといけない場面なのだ。そんなシーンを見事に演じきっただけに、中川は2017年の本格ブレークが予想される。人気俳優・福士蒼汰と容姿が似ていることでも話題の中川だが、いずれは福士の方も「中川大志に似ている」と呼ばせるくらいの気持ちで頑張ってもらいたい。

■豊臣秀次は元うたのおにいさん

秀吉のおい・豊臣秀次役を演じた新納慎也(ニイロシンヤ)は、NHK BS2「にこにこぷんがやってきた!」に1997年から2年間レギュラー出演していた、元うたのおにいさんという経歴の持ち主。だからこそ秀頼の誕生により失脚して高野山で切腹させられるという最期は、視聴者の目に一層ショッキングに映ったかもしれない。ひょうひょうとした明るい秀次が、物語が進むにつれて笑顔を見せなくなっていく姿には、悲しみを感じさせられた。

"ミュージカル界の異端児"と呼ばれる新納は、歌手活動もおこなっており、昨年11月にはメジャーデビューアルバム『NIROCK!』を発売している。舞台が主な活動の場である彼だが、「真田丸」出演によって今後はテレビ関係のオファーも増えるかもしれない。

■"2.5次元"俳優・大山真志に"イケボ"の村上新悟

出演前から世間の注目が集まっていたのが、真田信之の息子・真田信政役の大山真志(オオヤママサシ)だ。なぜなら大山は、降板した高畑裕太の代役として急きょ出演が決まったのだ。イケメン舞台俳優として知られて、ミュージカル『テニスの王子様』や『弱虫ペダル』などいわゆる"2.5次元"ジャンルでも人気の大山。「真田丸」では出演シーン自体はそれほど多くなかったものの、182cmの恵まれた体つきもあり、視聴者に見事な印象を与えた。

他にも直江兼続役の村上新悟は、イケメンなボイス、"イケボ"だと評判に。確かに低音の美声は、人気声優と言われても信じてしまいそうなほどだが、本人はあまり意識していないらしい。ドラマ公式サイトのインタビューでは、「逆に、響きすぎているのではないか? マイクに乗せる音量はどれくらいなのだろう? と、探りながらやっているというのが正直なところです」と謙虚に語っている。なんと村上は2013年の「八重の桜」から4年連続で大河出演を果たしているが、今回"イケボ"が話題になったことで、この記録はさらに続きそうだ。

視聴者を1年間楽しませてくれた「真田丸」。願わくは、出演者たちにとってもかけがえのない1作となってほしい。

真田丸の名シーン、実はドリフのコントがモデルだった!?>>


真田丸で注目の俳優「村上新悟」の意外な素顔とは>>


草刈正雄と真田丸は運命で繋がっていた?>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ