ここから本文です

テレビ朝日系特撮ドラマ「仮面ライダー剣」で主演した俳優・椿(つばき)隆之が、暴行被害後初めてテレビ出演した。椿は11月に都内の路上で口論になった相手からゴルフクラブで殴られて、全治半年と診断される重傷を負った。

サムネイル

提供:アフロ


椿隆之が出演する「探偵ブギ」>>

椿は12月27日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」にVTR出演。事件では、左頬骨粉砕骨折に上顎骨粉砕骨折、鼻骨骨折、打撲による左眼球結膜出血などで全治半年と診断されるケガを負った。手術を受けて、現在は自宅療養中。番組では、左目を隠すように前髪をセットしていたが、その裏には心身に残る傷があったようだ「傷口を自分自身で見てしまうと、どうしても心がつらくなるから、なるべく隠したりしています」と告白した。

事件のことは記憶にない。「僕の記憶の中では、バイクが見えて『危ない』と思ったくらい。記憶が飛んじゃっている。気づいたら病院で、病院の人に『こういうもので殴られたんですよ』って初めて聞かされた。だから相手の顔も何も覚えていない」と明かした。

「周りの人にいっぱい心配をかけてしまった」と気にする椿。「もっともっと明るい状態を見せることが、今自分にできることだと思います」と語った。

なお、放送前日の26日に椿はブログを更新。「正直、治ってない状態でテレビに出るのは、どうなんだろうと悩みました」と吐露しつつも、「何度も伝えていますが、まだまだ終わってないんです。怪我は、もちろん精神的な面でも。 そういう思いをした方、それ以上の思いをした方が沢山いると思います。 僕が、前を向く姿で、『ちょっとだけでも前に進めれたら 』『ちょっとでも役に立てれたら』っと思います」(原文ママ)と、出演に踏み切った理由を明かしていた。

椿は2004年1月から1年間放送された「仮面ライダー剣」で主人公・剣崎一真役を演じた俳優。TOKYO MX「探偵ブギ」でも松井駿役でレギュラー出演。80年代好きの大学生3人組が探偵事務所を開き、さまざまな怪事件・珍事件に挑むという青春コメディだった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ