ここから本文です

かつてはアーティストにとって"頂点"とも呼ぶべき会場だった日本武道館だが、現在は少々ハードルが下がり、むしろ売れっ子になるための"登竜門"的な存在になっているようだ。とはいっても、まったくの実力なしで登竜門に辿(たど)り着けるわけでもない。十分な実力に加えて、日本武道館でワンマンライブを開催したことで箔(はく)が付き、まもなく音楽番組で引っ張りだこになるかも......! 2017年の本格ブレークが予想される、今年初めて日本武道館ライブをおこなったアーティストをチェックしよう。

サムネイル

大原櫻子/Sakurako Ohara, Feb 27, 2015 : 初アルバム「HAPPY」について語った(写真:MANTAN/アフロ)


■"ギター女子"の新アイコン! 大原櫻子

2013年に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の全国ヒロインオーディションで5000人の中から勝ち抜き、スクリーン&CD同時デビューを果たしたシンデレラガールは、弱冠20歳。8月より開催していた全国ツアー『大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~』の最終公演として初の日本武道館公演を、しかも10月4日・5日の2daysでおこなった。かわいらしい容姿と小柄な体の持ち主だが、ギターを弾き語りする姿は、日本武道館のステージでも堂々としたものだった。

惜しくも今年の出場は逃したものの、昨年大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」には初出場して「瞳」を披露していた。若者からの支持が熱いが、このタイミングでCMソングなどタイアップをまたつかめば、より広い層に認知されそうだ。

■"225公演"過酷ツアー完遂して......Juice=Juice(ジュースジュース)

2013年に結成された、ハロー!プロジェクト所属の5人組アイドルグループ。今年2月より放送されたフジテレビ系ドラマ「武道館」でドラマ初主演を果たした彼女たちが、11月7日、本当に日本武道館でワンマンライブをおこなった。

とはいえ、武道館までの道のりは非常に厳しいものだった。彼女たちは、日本武道館単独ライブを実現するためのミッションとして、昨年6月から今年10月まで全国220公演のライブツアーに挑戦していたのだ。しかも結局、少しプラスして225公演を完遂。美少女アイドルが"ド根性"を見せた。

■声優×アイドルのハイブリッドユニット! i☆Ris(アイリス)

エイベックス・グループと声優事務所81プロデュースのダブルマネジメントによる、"声優"と"アイドル"の活動を両立するハイブリッドユニット。2012年結成。6人組で、メンバーたちはそれぞれ声優としても活動している。ちなみにアニメ『プリパラ』シリーズの南みれぃ役などで知られるメンバーの芹澤優は、実は女優・斉藤由貴の姪(めい)ということでも話題になった。11月25日に日本武道館公演を開催。

アニメタイアップが多く、これまで『プリパラ』や『双星の陰陽師』といった作品のオープニングテーマを担当している。メンバーひとりひとりが声優であるだけに、個性的な歌声とその表現力が魅力となっている。

■『ラブライブ!』声優、歌手活動でも大ブレーク? 三森すずこ

アニメ『ラブライブ!』の園田海未役などで知られる声優の三森は、歌手活動もおこなっている。2013年4月にソロデビューシングル「会いたいよ...会いたいよ!」をリリース。声優としても多忙な中、歌手としても精力的に活動して、10月27日・28日に初の日本武道館公演を開催した。

9月7日にリリースした3枚目アルバム『Toyful Basket』は、「FUTURE IS MINE」の作詞・作曲に前山田健一、「ヒカリノメロディ」の作曲を蔦谷好位置、「Shall we dance?」の作曲を恩田快人が担当するなど、ヒットトラックメイカーたちが数多く参加したことでも話題を呼んだ。すでに声優としては確たる地位を築いている三森だが、アーティストとしてもブレークする可能性がありそうだ。

■2017年は"リトグリ"、"水カン"も

また、2017年には女子高生6人組ボーカルグループ・Little Glee Monster(1月8日)、音楽ユニット・水曜日のカンパネラ(3月8日)の日本武道館公演が決定している。2017年は、彼女たちの歌声を聞かない日はないかもしれない。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ