ここから本文です

木村拓哉がSMAP解散後初めて主演を務めるドラマ、TBS系日曜劇場「A LIFE ~愛しき人~」が1月15日にスタートする。木村がアメリカ帰りの"職人外科医"沖田一光を演じるヒューマンラブストーリーだ。

サムネイル

イメージ画像(ペイレスイメージズ/アフロ)


■共演者に竹内結子や松山ケンイチ、浅野忠信など豪華メンバー

かつての親友によって病院を追われた沖田は、恋人を置いて単身アメリカに渡り外科医として一流の腕を身につけ、10年ぶりに帰国。恩師であり、かつての恋人の父でもある大病院の院長から手術を任された沖田。その病院で、かつての恋人・壇上深冬や深冬の夫となった壮大(まさお)と再会する。沖田を失脚させた張本人である壮大は、深冬と娘をもうけ幸せな生活を送り、副院長として病院の経営の中心を担っていた......。

木村に"スゴイ奴らが集まっているドラマ"と言わしめる共演者には、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信らの豪華メンバーが名を連ねる。かつての恋人・壇上深冬を演じる竹内とは、フジテレビ系ドラマ「プライド」(2004年)でも共演歴があり、平均視聴率25%を獲得した人気コンビだ。沖田のライバルである壮大を演じる浅野と木村の初共演にも期待が寄せられている。

撮影前に木村は、「今回集うスタッフ、キャストと共にどれだけの"想い"を伝える事が出来るのか、決して逃げずに挑んでみたいと思います!」とコメント。実際に外科医が立つ手術現場も自身の目で確かめたといい、並々ならぬ意欲をもって取り組んだようだ。

■「A LIFE ~愛しき人~」放送記念、「南極大陸」「MR.BRAIN」を無料配信中

命に関わる現場に立ち向かう木村の真剣なまなざしが堪能できそうな「A LIFE ~愛しき人~」だが、過去にはTBS系ドラマ「南極大陸」(2011年)でも、木村は命がけの任務を全うする南極観測隊隊長・倉持岳志を好演している。敗戦後の苦しい立場にあった日本が、国際社会へ復帰するための一大プロジェクトとして挑んだ南極大陸が舞台。極寒の地で多くの試練を乗り越えようとする若き学者の生きざまが描かれた。

TBS開局60周年記念 日曜劇場「南極大陸」(2011年)全10話 [~1月15日(日)20:59] >>


また、TBS系「MR.BRAIN」(2009年)も「A LIFE ~愛しき人~」と同じく豪華キャストで話題となった作品。水嶋ヒロ、綾瀬はるか、香川照之、平泉 成、田中裕二 (爆笑問題)などが出演し、広末涼子、市川海老蔵、高島政伸、仲間由紀恵などゲスト出演者もぜいたくなキャスティングだった。木村演じる九十九龍介は、元ホストで不慮の事故により脳が発達した脳科学者。アニメーションや一大ブームとなった"脳トレ"の要素も採り入れるなど、ミステリー作品でありながら斬新な手法も話題となった作品だ。

「MR.BRAIN」(2009年)全8話[~1月15日(日)20:59] >>



■脚本、演出などスタッフ陣もヒューマンドラマの名手

数々のヒットドラマに出演してきた木村拓哉。最新作「A LIFE ~愛しき人~」も、そんなヒット作の要素をいくつも備え、期待感は十分。演出はTBS系ドラマ「天皇の料理番」や映画『僕だけがいない街』などの監督や演出で知られる平川雄一朗が手がけている。豪華キャストの魅力が存分に引き出されるような人間味あふれる作品となりそうだ。

(文/岩木理恵@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ