ここから本文です

格闘家でタレントの角田信朗が、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志から共演NGにされていると告白。関係修復をブログにて呼びかけた。

サムネイル

提供:アフロ


角田は1月16日、「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」というタイトルでブログを更新。かつてはダウンタウンの番組によく呼ばれていた角田だが、"ある事件"をきっかけにまったくオファーがなくなってしまったと明かした。

事件の内容とは、こうだ。ダウンタウンのある人気番組で「芸人対抗・叩いてかぶってジャンケンポン選手権」という企画を行うにあたり、松本の指名によりレフェリー役のオファーが来たのだが、当時K-1でジャッジやレフェリングが物議をかもしていた微妙な時期だったため、角田は事務所を通して泣く泣く断った。レフェリーではなく実況役など、「何か別の形で松ちゃんからのお申し出に応える事はできませんか?」と回答したものの、結局角田の出演はなしになってしまった。

後味の悪さから、ダウンタウンの側近的な存在であるベテラン芸人に相談したところ、「それ、ホンマに松本さんがそう言いはったんですかねぇ......? 誰かスタッフが勝手にそういう言い方してオファーしてきたんと違いますか!? 松本さんはそんなことで気分害するような人と違いますよ また会うたら僕からも言うときますわ」と返されて、角田は一安心した。

それから1年ほどたち、日本テレビ系「ダウンタウンDX」から久しぶりにオファーが来て、角田は「松ちゃんからのお申し出に応える事ができなかった御詫(わ)びをやっと直接できるチャンスが来た!!」と喜んでいた。しかし、収録当日になってマネージャーから「今日の収録がバラし(中止)になりました......」と伝えられ、なんでも松本が台本に角田の名前を見つけて「収録は中止や!!」ということになったと角田は伝えられたようだ。

とにかくスタジオまで行って、松本に直接説明させてほしいと申し出たものの、制作からは遠慮を求められた。そこで再び側近的なベテラン芸人に相談すると、やはり答えは、「間に入った誰かが話し違えてこじれてるだけちがいますか!? 松本さんはそんなことで気分害するような人と違いますよ!?」というものだった。また、「ダウンタウンDX」で共演する予定だった和田アキ子からも連絡があり、経緯を報告したら、「あんたの話し聞いただけやから何とも言えんけどその通りやとしたら残念な話しやなぁ 芸能界でこれだけ好きなようにやらせてもらってるウチ(アッコさん)でも共演NGっちゅうのはないで!?」と慰められたという。

角田は、「あれからもう何年たったのでしょう...かれこれ10年は経過しているのではないでしょうか」とつづる。おそらく角田の出演を安請け合いした担当者が、予想外にNGをくらい、自分の体面を保つために角田を悪者扱いしたため、事態がこじれてしまったのではないかと憶測。「このブログに書くことでこの真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」(原文ママ)とつづった。

なお、角田は翌17日にも、この問題についてブログを更新。収録バラシ事件の直後に相談した数日後、側近的ベテラン芸人の携帯電話番号もメールアドレスも変わって連絡が取れなくなってしまったこと、また収録現場のスタッフが自身の直談判の申し出をかたくなに拒んだことを指して、「この辺りに当人同士の図り知らないところで何かの因子が働いてボタンの掛け違いはより複雑になったのだろうなぁというのが現時点でボクが自分自身を無理矢理納得させる為の推理です」と見解を述べた。

角田は、「どこの世界にも不都合な真実は存在するのです それが世の中の仕組みなのですその芸人さんの言葉を盾にして抗議する事をしないのは ボクのサムライとしての《義》です」とつづる。そして、「この件はこれにて終了」と宣言した。

歌手としても活動する角田信朗『CR花の慶次~漢』>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ