ここから本文です

大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の後枠で新ドラマ「カルテット」がスタートした。「逃げ恥」は、星野源演じる平匡の"面倒くささ"が、世の女子の心をくすぐったが、「カルテット」で高橋一生が演じる家森諭高(いえもり・ゆたか)もなかなかに面倒くさい! ただ......さっそく家森にノックアウトされた女性視聴者も多いようだ。

サムネイル

高橋一生, Jan 09, 2017 : ドラマ「カルテット」(TBS系)の舞台あいさつ (写真:MANTAN/アフロ)


ドラマ「カルテット」最新話を無料配信中>>



■"人間ドラマの名手"坂元裕二のオリジナル脚本

主人公であるネガティブ思考の主婦・巻真紀(松たか子)、チェロを愛する無職・世吹すずめ(満島ひかり)、美容室アシスタントの家森諭高(高橋一生)、自由人に憧れるドーナツ会社の社員・別府司(松田龍平)。夢が叶(かな)わなかった男女4人が、ひょんなことからカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになる――。

「Mother」や「Woman」、「最高の離婚」といった人気ドラマを手がけてきた"人間ドラマの名手"脚本家の坂元裕二による完全オリジナル作品で、"愛とサスペンスに満ちた"人間模様が描かれる。

■"みかんつめつめゼリー"を食べられ怒りを図解!?

1月17日放送の第1話では、4人の出会いが描かれたが、視聴者の心をがっちりつかんだのは、高橋一生演じる家森諭高のキャラクターだ。家森は、美容室に勤めているものの資格は持っておらず、30歳を過ぎてもアシスタントのまま。相当モテるが、それ以上にモテたいと思っている......という一見イタいやつ。しかも、妙に理屈っぽい性格をしている。

たとえば唐揚げを食べるシーン。大皿の唐揚げにレモンを絞った人たちを、家森は「なんで今、唐揚げにレモン絞ったの? 人それぞれ」「カリカリ度が減る」と小馬鹿にしたような口調で責める。さらに、マイペースなすずめに自分の"みかんつめつめゼリー"を食べられたときは、「なんでわからないのかな」「図解してこの人に説明する」と言い出す器の小ささを見せた。

■面倒くさい男を愛でたい女たち

この家森のキャラクターにイライラする人もいそうだが、反対にキュンときてしまった視聴者が多いようで、Twitter上では、「かわいすぎる」という声が続出した。TwitterのHOTワードランキングでは、「カルテット」の実況タグが1位になったのに加えて、「高橋一生」も上位ランクイン。しかも「みかんつめつめゼリー」までランクインを果たした。

一体なぜ家森がさっそく人気を集めているのか......? しかし、考えてみれば、大ヒットを飛ばした「逃げ恥」の平匡も、"イタい"キャラクターではあった。恋愛経験のない独身サラリーマンである彼は自尊心が低く、そのため逆に新垣結衣演じる主人公・森山みくりを傷つけてしまうところがあったのだが、その不器用さに「かわいい」とノックアウトされる視聴者も多かった。

かつて恋愛ドラマでは、いわゆる"男らしい"ヒーロー的なイケメンが人気を集めたが、女性の自立が進んだ現代、女たちは自分が受け身になってリードされるよりもむしろ、自分が主体となって男のかわいさ、ダメさを愛でたいという気持ちになってきているのかもしれない。視聴者に愛される"恋愛ドラマの中の男"像に変化が起きているようだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ